• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • トランプ大統領、SNS規制につながる大統領令に署名「ツイッターは中立のサイトであることをやめた」グーグルやフェイスブックも名指しで批判⇒株価にも影響

トランプ大統領、SNS規制につながる大統領令に署名「ツイッターは中立のサイトであることをやめた」グーグルやフェイスブックも名指しで批判⇒株価にも影響




 トランプ大統領はツイッター社が自身の投稿を「根拠がない」としたことを受け、ソーシャルメディアへの規制につながる大統領令に署名。「ツイッターは中立のサイトであることをやめた。視点をもった編集者となっている」と批判した。

「ウォール・ストリート・ジャーナル」によると、ソーシャルメディアの内容については、これまで、運営する企業が投稿を管理することが認められていたが、大統領令の草案では、政府機関がこの権限について検証することになる。

トランプ大統領は「郵送による投票は不正だ」とした投稿にツイッターが「根拠がない」との注釈をつけたことに「言論の自由を侵害している」と批判。また、グーグルやフェイスブックも名指しして、「中立ではない」との認識で批判しました。

大統領令にはトランプ大統領が主張する政治的な偏見に基づくソーシャルメディアの運営について、政府機関に調査を促す内容も含まれるという。(ANNニュース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c412cb5874b9604fa4e5202cd10b5f35d69a107

大統領令巡りツイッター・FB株が下落

米国株式市場は終盤に値を下げ、反落して終了した。トランプ米大統領がソーシャルメディア(SNS)に関する大統領令に署名するとしたことでフェイスブック(FB.O)などが終盤の取引で売られたほか、トランプ氏が中国に関する記者会見を29日に行うと表明したことも重しとなった。

大統領令に関する報道を受け、ツイッター(TWTR.N)は4.4%、フェイスブックは1.6%それぞれ下落した。ホワイトハウスは引け後、トランプ氏が投稿などを巡る訴訟リスクからSNSを保護する法規則を見直す大統領令に署名したと発表した。

https://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKBN2343II







ネットの反応
一定の規制はあって当然。
経済的自由が独占禁止法により制約されるのと同様、巨大企業の力から個人の表現の自由を守るため、何らかの手段を考えるべき時代が来ていると思います。
トランプ大統領、SNSやメディアに中立性を求めることはむりですね。本来は中立的な立場で報道をするのが役目ですが、今は視聴率を取る為に、何でも有の、政権等の批判機関ですね。切り取り報道を趾ポピュリズムを煽り、世論を誘導し世論調査でこの様に反対が有ると報道しているのが正体ですね。
GAFAに偏りがあるのは分かってる話。自分は散々ツイッターを利用しておいて、少し攻撃されたら規制に走るのはどうなんだ。やるなら、先手を打って筋を通すべきだった。
共和党は、ソーシャルメディアプラットフォームが保守派の声を完全に沈黙させていると感じています。 そうなる前に、私たちはそれらを強く規制するか、閉鎖します。トランプはツイートしたとおり実行するね。
トランプ大統領も含めて規制がかかるのは良いこと。
そして、トランプ大統領の言うとおり、twitterを政治目的のために、不正利用している。
さらに匿名をいいことに誹謗中傷、名誉毀損をしている輩がいるのは事実で、規制が必要です。
そもそもマスコミが政治家の発言をそのまま発信しないから
SNSで投稿するしかなくなってきたわけで

マスコミのかってな想像や思惑でねじ曲げられたニュースをやられると不利益しかない

自分がやってる行為こそが言論の自由に反してるのでは?逆ギレしてるようにしか見えない。
ザッカーバーグは迎合するフリしてシレっと裏切ってきたもんな。










この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧