再び増加傾向の北九州市、6日連続で新型コロナウイルス感染確認「市内でウイルスが広がっている可能性も否定できない」と第2波への警戒を強める。




新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に落ち着いてきた中、北九州市だけ、なぜ再び増加傾向なのか謎が深まっている。救急搬送された人を医療機関が念入りに調べるなどし、症状がなくても検査する“掘り起こし”が進んでいることも一因にありそうだ。ただ、ほかの自治体でも同様に広く診療・検査する傾向はあり、同市の現状は説明しきれない。市は「市内でウイルスが広がっている可能性も否定できない」と第2波への警戒を強めている。

同市では28日まで6日連続で感染確認が続いている。同市の東田倫子保健衛生部長は増加の一因について「医療機関での診療、症例の把握態勢が充実してきたこともある」と指摘。北橋健治市長も同日の定例記者会見で「4日間発熱が続いた方をこれまでPCR検査をしていたが、対象が見直され、広く把握される傾向にある」と話す。

感染した若松区の50代女性は持病で通院中、無症状だったものの、肺炎の有無を調べるコンピューター断層撮影(CT)をきっかけにPCR検査に至った。門司区の60~80代の男女3人は同じ24日に救急搬送された後、CTで肺炎が疑われた。3人の搬送先は同じ。このように医療機関がきっかけとなったケースは、27日までの感染経路不明17人中8人が該当する。

今月上旬からは、軽症者の主な窓口となるPCR検査センターが同市でも稼働し、17人中3人(10~20代の男女)がセンター経由で確認された。また、濃厚接触者を全員PCR検査することとしたため、以前は判明していなかった無症状者も全体数を押し上げている。

ただ、それだけで北九州市だけ増えていることを説明できない。福岡県内の27日のPCR検査総数は173件、このうち北九州市66件、福岡市57件だった。「福岡県内は同じルールで疑い例の検査に至っていて、自治体間で大きな差はない」(県担当者)ためだ。

北九州市全7区のうち6区と広域で感染が確認されている一方、活発に動き回っているとは想定しづらい70歳以上が半数を占め、感染者間の行動履歴の共通点は不明。市は県を通し、厚生労働省にクラスター(感染者集団)対策班派遣を要請。28日から調査が始まった。

産業医科大の吉村健清名誉教授(疫学)は「近くの大都市である福岡市でも感染確認がないのは不可解だ。手洗いやマスクの着用など生活様式で差があり、北九州市の方がウイルス感染が特に顕在化しているのかもしれない」と話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/35750b0a2f8e3bda63676d8b3e8c647b5a1353ea







ネットの反応
陽性や陽性を大いに疑うならフル装備で検査するだろうが
無症状とかならそこまでは装備しないからな、マスクグローブと前掛けエプロンくらいはすると思うが
CTしてみて、えっ?という感じだろう
もちろん患者はそれまで普通に歩き回ってるわけだし
どのようなクラスターも、必ずどこかから移されたものなのだが、春節移動も
卒業旅行も放置していた日本では遡っていくことができず、すべてのクラスター
が感染源不明感染者から始まっている。たまたま1、2代前が分かるのが濃厚
接触者と見なされているだけで、すべての感染者は感染源不明なのである。
確かにただの風邪の1種だが、風邪は万病のもとで、あらゆる潜在的病を誘発する。
こんなもん第2波でもなんでもない
まだまだ第1波の途中だと認識せよ!
感染しても発症するのは1、2割と言われる。日本では原則として発症しないとPCR検査をしないので、不顕性を含めれば確認陽性者数の5倍は感染者がいることになり、そうした人が露見せず自覚もないまま自由に行動を続け感染を持続させている。
掘り起こしって、良いことでないの?
夏でもマスクいるな
医療者の感染者が安定的に発生するから
一番気をつけないといけないのが病院だ。
クラスターが発生したときはできるかぎり広範に周辺関係者の抗体検査などを
行って社会的伝播状況を把握するべきだ。その中に感染元がいる。
GWの帰省が原因なら全国一律に発生するはず




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧