香港の民主化運動家ら「亡命議会」を検討、国家安全法施行で




[ロンドン 2日 ロイター] – 香港で治安を乱す反政府的な活動や団体を取り締まる「香港国家安全維持法」(国安法)が施行される中、香港の民主化運動家らは、民主主義活動の維持と中国政府への自由要求に向け、亡命議会の創設を検討している。運動家のサイモン・チェン氏がロイターに明らかにした。

【動画】解説:香港「国家安全法」 最低限知っておくべきこと

同氏は在香港の英国総領事館の元職員で、中国の秘密警察から拷問と尋問を受けたと昨年明らかにした。

チェン氏は「影の議会を作れば、民主主義が中国政府の言いなりにならないという非常に明確なメッセージを送ることができる」とした上で、「香港市民の考えを確実に反映した非公式の市民団体を結成したい」と表明した。

また、亡命議会を巡る案はまだ初期段階にとどまっているが、香港市民と民主化運動の支援が柱になるとした。どこを拠点にするかには触れなかった。

英国のジョンソン首相が香港市民に対し英国の市民権取得に道を開くと表明したことについては「大変素晴らしい」と評価し、大勢の市民が英国に向かうだろうと述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ffa24918dac40a65489013d2714a757af517b1ca




ネットの反応
英豪に次いでアメリカ合衆国も香港の人々に永住権を与える法案を全会一致で可決したらしいから良かった。
とても悲しい事だけどもう香港は中国の一都市でしかなくなったと理解しないといけない。
祖国を捨てることは悲しいことかもしれないが、覆水盆に返らず。
逮捕されて塀の中で暮らすより、外国に亡命して新しい生活を手に入れることに全力を尽くす方が賢明。
企業も香港で事業をやるメリットは無くなったので速やかに撤退することを検討した方が良い。
民主化を働きかけるだけで国安法に抵触して弾圧されるんですね。
日本だと共産党や宗教団体が主義主張を叫んでも大丈夫だけど。
力で捻じ伏せないと維持できない自分達の理念に自信がないのだろうか?
香港進出企業は日本がNo1らしいですね。
1700社ですか。全部中国に抱き込まれてしまうぞ。
この国に国際法は通用しない。我が国土にある物は全
て自分達の物だと考えているし実行している。
大損する前に全部引き上げてこい。しっかり儲けたで
しょう。潮時ですぞ。
英国が香港市民の移住枠を認める方向なので、事実上の亡命政権樹立になる。

一方で中国政府は共産党の言いなりにならない香港市民を追い出して、従順な住民だけにしたい意向がある。

香港領土内で反政府組織を抱えて、人権問題で非難を受けるくらいなら、彼らを国外に追い出して、チベット亡命政権の様に存在を無視する方が共産党には都合がよいと言える。

返還時には敢えて無理を承知で一国二制度の話を出したものだと思っていたから、意外に約束を守ってきたなあと感心している。
もっと早く握り潰されると思っていたわ。
ただそれも当時の中国の国力考えて世界に対抗できないと思ったからだろうね。
世界2位の実力を持った今は遠慮する理由も無いのだろう。
頑張ってほしいですね。
日本の市民団体って、ろくでもない団体が多いように思うが、これが本来の市民団体のあるべき姿かなと思うね。
こういうことはマスコミに発表しない方がいいと思う。
これを弾圧するために法案を作ったのだから。
祖国を捨てるのは簡単にはいかないかもしれないが、英語が話せるのは大きな武器。
言葉が通じればできることは無限に広がる。
香港の若い人は英語が母国語のようなもので、非常学力が高いと思っているので、亡命して一旦国を出てから運動をしても遅くない。
香港にいたら拘束されて終わる。
お隣の習共産党政権は、いよいよ国民に対しても独裁キバを向け始めたということですね。世界に対しては、一帯一路構想やアジアインフラ投資銀行等により覇権を狙っている。また、あれだけの広大な面積(領土)の国なのに、まだ領土を広げようと東シナ海、南シナ海で領土を広げるために、近隣諸国と摩擦(キバ)を起こしている。西側の国は協力して対抗していかないと取り返しの付かないことになるような気がするのは自分だけかなあ。心配だけど自由主義社会に生まれてよかった。
共産国になるというのはこういう事。
法で決まればもう簡単には「自由」には戻れない。
香港の民主化運動活動家の人たちはすぐにでも亡命しないといけない。
そうしなければ、これから無理やり理由 を見つけどんどん逮捕され中国本土に連れて行かれる。








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧