• HOME
  • 記事一覧
  • 与党 , 政治ニュース
  • 石破氏「韓国の歴史を勉強した」「日韓関係が悪化することで日本にプラスはない」「北朝鮮側にも徴用工の遺骨問題があって、これは人権問題として連絡事務所を作って話すべき」と完全に朝鮮半島の代弁者になってしまう

石破氏「韓国の歴史を勉強した」「日韓関係が悪化することで日本にプラスはない」「北朝鮮側にも徴用工の遺骨問題があって、これは人権問題として連絡事務所を作って話すべき」と完全に朝鮮半島の代弁者になってしまう

日韓関係を考えられる全ての手段を使っている文大統領。安倍総理の未来志向の日韓関係構築を阻害しているのは、文大統領だ。そして、その文大統領が踏まれても、踏まれても従っているのが北朝鮮政府だ。

その二つの代弁者のような、もしくは従うかのような言動を石破氏が見せている。

石破氏「日韓関係が悪化することで日本にプラスはない」 → 文政権下で日韓関係改善する方はマイナスですよ!!

日韓関係を史上最悪のものにした原因は、明らかに文大統領にある。少なくとも、安倍総理は李明博大統領や朴槿恵大統領とは最善ではないが、うまくやっていた。文大統領になってからここまで日韓関係は悪化した。

自民党の石破茂元幹事長は3日、日経新聞主催のイベントで講演と質疑応答を行い、(中略)

日韓関係は「悪化することで日本にプラスはない」と指摘すると同時に、韓国や東南アジア諸国の歴史・文化を日本が理解し関係を強化する必要性を強調し、日本側が強化しなければ「中国が手を伸ばしてくる」と警戒感を示した。新型コロナウイルスによる活動自粛期間中は韓国の歴史を勉強したと披露した。

引用元 日本は米中二者択一の立場取らない=石破自民元幹事長

まったく意味不明だ。日韓関係は「悪化することで日本にプラスはない」と指摘するというのは正しい。しかし、最善手なのだ。

しかし、現在の文政権の韓国と関係を修復したところで、我国にとっては関係悪化よりも更なるマイナスが襲うのが実際だ。

石破氏は、現在の悪化した日韓関係の状態よりも、徴用工問題で土下座し、多額の賠償金を日本企業と政府が支払い、嘘の歴史を世界中に認める方がよいのか?

石破氏は、もはや慰安婦自身が「性奴隷は米国人を煽るための捏造だった」と指摘した慰安婦問題で「旧日本軍が組織的に未成年を拉致して性奴隷にした」という嘘を認めて、世界中にナチスドイツ並みの悪逆な犯罪国家だったという恥をさらし、何兆円も賠償するのがよいのか?

そうではないはずだ。であるならば、現在の日韓関係の悪化は、マシな状態と言わざるを得ない。石破氏は、いったい何を考えているのか。

そもそも、安倍政権は、日韓関係を維持しようとしてきた。それが文政権の度重なるレーダー照射や徴用工問題や放射能差別などで我国の我慢と損害が限界を超えたからだ。石破氏は、レーダー照射も我慢して、自衛隊機が撃墜するまで我慢しろというのか??

石破氏「韓国の歴史を勉強した」 → それより経済音痴を治す勉強してくださいよ

また、石破氏は、コロナ自粛中に韓国の歴史・文化を勉強したことを披露したが、石破氏が勉強すべきことは、韓国の歴史ではない。日韓の外交史を勉強すべきだ。安倍総理の元に弟子入りでもしたらどうなのか。

今まで我国が、どれほどまで韓国に寄り添ってきたかを石破氏はわかっていない。

そもそも真顔で「グローバル経済から脱却する」などと珍説を述べる経済音痴を治療するために、大学一年生向けのマクロ経済学の本でも読んだらどうなのか。

我々国民にとって重要なのは日々の生活だ。そんな暇があるなら経済の勉強、ビジネスの勉強でもまずはしていただきたい。

石破氏が示した外交姿勢は、諸外国からの信用を失い、韓国に従うことが、容易に想像つく。

石破氏「北朝鮮側にも徴用工の遺骨問題があって、これは人権問題として連絡事務所を作って話すべき」 →

7月2日、石破氏は、フジテレビのプライムニュースに出演したが、そこでとんでもないことを主張し始めた。

石破氏は、「まずこの拉致の問題。徴用工の問題は、私は日本の主張に理があると絶対思っているんだけど、向こうも、北朝鮮ですよ?日本で徴用工として働かされた人物。この遺骨どうしてくれるんだ。それは、ずーとある問題ですよね。だからお互いに事務所を持って、これは人権の問題だから。人権の問題も話し合えないかということであれば、国家正常化どころじゃないですよ」と主張している。

あまりにもバカバカしい。

今生きている拉致被害者問題と徴用工の遺骨の問題を同列にして北朝鮮と交渉しようと主張しているのだ。しかも拉致という単語の意味を知っているのか?小さい子供が、大人にさらわれた誘拐ということだ。これを同列にするなど政治家としても失格の人物だ。

そもそも、北朝鮮側は特別調査委員会を作った際に、「拉致被害者」「行方不明者」「日本人遺骨問題」「残留日本人・日本人配偶者」の4分科会を設置していることから分かるように、拉致被害者や特定失踪者だけでなく、終戦前後に北朝鮮の領域で亡くなった日本人の遺骨や日本人妻の問題も交渉テーブルに出している。

もし石破首相がのこのことを提案すれば、徴用工の遺骨と日本人の遺骨はバーターとなり、賠償金までむしり取られる可能性が高い。拉致被害者や特定失踪者まではたどり着けない。この一言だけで、絶対に石破氏を首相などにしてはいけないことがよくわかる。


韓国の文政権だけでなく、北朝鮮政府の主張にプラスになることまで主張し出した石破氏。これは当然かもしれない。文政権は、北朝鮮の手先であり、韓国国民にとっては売国奴そのものだ。そして、その北朝鮮の手先の肩を持つということは、石破氏もまた北朝鮮に融和的ということになる。

このことは、彼が親韓派ですらないということを意味している。つまり、日韓両国民の敵ということだ。最低の政治家だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧