• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 共同通信が「安倍離れ」報道で批判受けシレッと差し替えか?「鹿児島知事選、自公推薦が敗れる 塩田氏初当選、「安倍離れ」進む」⇒「鹿児島知事に塩田氏初当選 自公推薦の現職ら6氏破る」に

共同通信が「安倍離れ」報道で批判受けシレッと差し替えか?「鹿児島知事選、自公推薦が敗れる 塩田氏初当選、「安倍離れ」進む」⇒「鹿児島知事に塩田氏初当選 自公推薦の現職ら6氏破る」に





『与党は2016年の前回知事選に次いで敗北。地方での「安倍離れ」が進んだ格好で、年内にも取り沙汰される衆院解散・総選挙の時期など戦略に影響を与える可能性もある。』という部分が削除。(参考)
現在の記事を見てみよう

 任期満了に伴う鹿児島県知事選は12日投開票の結果、無所属新人で元九州経済産業局長塩田康一氏(54)が、再選を目指した自民、公明推薦の現職三反園訓氏(62)との接戦を制し、初当選した。元知事伊藤祐一郎氏(72)ら5氏も及ばなかった。保守勢力が分裂した事情もあり、与党は2016年の前回知事選に続いて敗北。安倍晋三首相の衆院解散戦略に一定の影響を与える可能性もある。

投票率は49.84%で、参院選との同日選となった前回選の56.77%を下回った。塩田氏の得票は約22万2千票で、三反園氏は約19万5千票。差は約2万7千票だった。

https://this.kiji.is/655046653807494241

どうなんでしょうね?、共同通信は、つい先日も、立憲民主党と、国民民主党が党名以外では合流の流れで一致していると報じて、両党に誤報と指摘を受けたばかり。

そして、今回は批判を受けての記事を書き換え、地方紙にもろに影響のある共同通信がこれじゃ、日本のマスコミも本当に考え直さなきゃいけない時が来ましたね。









この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧