• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 新型コロナや都知事選で存在感を示せなかった枝野代表、立国合流を巡り党内の突き上げで焦りも 「枝野1強」と言われた党内基盤は揺らいでいる

新型コロナや都知事選で存在感を示せなかった枝野代表、立国合流を巡り党内の突き上げで焦りも 「枝野1強」と言われた党内基盤は揺らいでいる




 立憲民主党の枝野幸男代表が国民民主党との合流を焦っている。枝野氏は新型コロナウイルス対策や東京都知事選で存在感を発揮できず、党内から次期衆院選を見据えた動きを加速するよう求める声が出ていた。旧民主党勢力の糾合をテコに“野党の盟主”として求心力回復を狙うが、仮に合流がうまくいっても険しい道が待ち受けている。

「15日に福山哲郎幹事長から国民側に申し上げたことに答えてもらっていない。答えをいただいた上で検討したい」

枝野氏は18日、横浜市で記者団の質問に答え、国民に対し、合流条件を逆提案する前に立民の提案内容に回答するよう求めた。立民は15日に両党が解党して新党を立ち上げた上で新党名を「立憲民主党」、略称を「民主党」にすることなどを提案したが、国民の玉木雄一郎代表は党名を民主的な手続きで決めるよう主張している。

国民に合流を提案した翌日の16日夜、枝野氏は都内で党の若手議員らと会食した。自らが立ち上げた「立憲民主党」の党名維持にこだわる枝野氏はその場でも「党名は絶対に譲らない」と繰り返した。「早々に決着をつける」とも語り、玉木氏が持ち掛けてくる条件闘争に応じない考えもにじませたという。

昨年末からの国民との合流協議では条件が折り合わず、1月に頓挫した。だが、立民の若手・中堅からは現状のままでは与党だけでなく、日本維新の会やれいわ新選組にも対抗できないとして協議を再開すべきだとの機運が高まっていた。合流に再びかじを切った枝野氏の心境ついて、国民中堅は「立民の政党支持率も頭打ちで焦っているのだろう」と推測する。

一方、今回の合流協議で新党への参加が見込まれる野田佳彦前首相ら旧民主党政権の重鎮も水面下で動きを活発化させている。野田氏を慕う勢力は今も両党内におり、新党結成後の代表選で野田氏を担ぐ案も浮上する。立民の最大グループを率いる赤松広隆衆院副議長も執行部への不満を募らせており、「枝野1強」と言われた党内基盤は揺らいでいる。(千田恒弥)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5206c23ff99813250e31cb87da5e2676cda4cdbf




ネットの反応
いつも思うが、野党の合流に国民のためより自分達の選挙のためという部分しか見えてこない。
安倍内閣の支持率が下がっているからといって、選挙のために合流した党が政権を取れると思っているのなら、余りにも有権者をバカにし過ぎでは。
党名は譲らないくせに、相手に急かしても。。
相手は党名に難色を示しているのだから、その辺りはお互いの譲り合いが必要でしょう。
なので、国民から信頼を得ないのでは?
枝野は相手を見下して偉そうにしているうちに尻に火がついてきた感じかな。本人は理解していないようだが福山あたりと歩調を合わせて与党に対しては反対一辺倒で尚且つ身内のことに関して追及されたら「知見が無い」等の木で鼻をくくった回答しかしない枝野に対して相当な国民が呆れてしまい何も期待していないという事実は揺るがない。国民もまだ真の是々非々路線とは言い難いが立憲よりは遥かにマシと思われており、その評価の差異は代表に対するものがモロに跳ね返ってきていると思うよ。
国民民主はじーっとしてるだけで勝手に立憲が崩壊しそうな感じがする。
崩壊後に考えの合う人だけ入党させれば良い。
玉木さん、議員人生決まっちゃいますよ。今は絶対に一緒になったらダメですよ。枝野さんは他人を責めるのは得意ですが、案外打たれ弱いんです。敢えてこちらから擦り寄る必要はありませんよ。次回選挙で間違いなく立憲民主は大敗します。今は自分の足元を固めた方が良いですよ。
旧民主党に戻るだけなら、しない方がいいですね。
それぞれの道を進んで、特に枝野極左独裁の立憲民主は無くなってほしい。
それにしても、立憲民主って弱小野党第一党のわりに凄い上から目線。党首は、「枝野立て」が忘れられなく、置いてけぼりをくった集団の救世主という思考から抜け出せていないようです。
民主党政権時代、旧民主党は、米中と等距離外交をすると言って、平和勢力との宣伝をしていましたが、その結果、米国との関係を悪化させたために、中国が尖閣で漁船を使って力試しをして、尖閣を世界一戦争に近い地域と言われるまでにしてしまいました。その当時の中核メンバーがまた集まろうとしています。責任も感じていない同じメンバーだからまた同じことをやるでしょう。今度は上陸されるでしょう。当時のメンバーが責任をとって全員引退しなければ、何も変わらないと思います。それはそれまでは自民党は安泰ということかもしれません。
名前なんてなんだっていい。
国民は、自民の対抗として強い野党を求めてるところなのに、枝野さんをはじめ蓮舫さん辻本さん
安住さんと言った旧態そのものをもう見限られてるのが何故わからないのだろう。これらの人は早く表舞台から去って頂き両党とも速やかに解党をして新しい力を早く生み出さすことを考えてください。民主主義の名の下に。
さもないと、この国は滅んでしまう。
仮に合流をして政権が取れるような事があるとしたら、それは自民失政で保守層が流れるしかないのだから、国民の力(今はないけど)によるもの。立憲単独もしくは共産と共闘したって保守層がそっちまではいく事はないのだから、国民は今のまま是々非々を続けていけばいい。立憲と合流するよりは色んな選択肢があるし未来がある。合流するにしても安く受ける必要はない。先がなくて合流したいのは立憲側なのだから…
党名変えても変えなくても、中身が変わらないから、あんまり意味ないようにも思いますが、どちらかと言えば、立憲民主党=セクキャバ党のイメージが私の中では残ってるんで、変えた方がいいかもしれない。。。








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧