• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • ブーメラン!立憲民主党の尾辻かな子議員、4月に政治家はマスクをつけるなと主張していたのに、7月にご本人がマスク着用!しかも、今度はフェイスシールドを批判するも、福島党首や宇都宮けんじ氏が着用…

ブーメラン!立憲民主党の尾辻かな子議員、4月に政治家はマスクをつけるなと主張していたのに、7月にご本人がマスク着用!しかも、今度はフェイスシールドを批判するも、福島党首や宇都宮けんじ氏が着用…

立憲民主党の伝統芸能、ブーメラン。

そのブーメランの伝統の継承者がまたもや登場した。立憲民主党の尾辻かな子衆議院議員である。

彼女は、4月に「政治家がマスクをすると、マスクが足りなくなる」という珍説を展開し、当時マスクを着用していた枝野代表にブーメランをぶん投げていたことはすでに紹介した。

しかし、その彼女が7月に入り、何の説明もなくマスクを着用した上に、今度はフェイスシールドを批判し始めたのである。都知事選で、福島党首や宇都宮けんじ氏が着用していたにもかかわらず、である…

ブーメラン!立憲民主党の尾辻かな子議員、4月に政治家はマスクをつけるなと主張していたのに、7月にご本人がマスク着用!

アベノマスクに異物混入だのと、政府のマスク配布をボロクソに批判している尾辻かな子議員は、マスク自体を嫌うようになったのか、すごい主張を4月に行った。

これに対しては、「政治家も国民だし、ウィルスのスプレッダーにもなり得る」「じゃあマスク配布は重要だね。」という突っ込みがなされた上に、とどめとして、以下のリプライまでされてしまった。

そう、枝野代表自身がマスクを着用していたのである。他人を批判する前に、身内に言えという民主党しぐさの炸裂である。

そして、7月6日、尾辻議員は、今度は以下の投稿を行った。

!?

マスクを着用している!!!

しかし、何ら説明もない。アベノマスクによって需給が改善したとかの説明すらない。それでも尾辻議員の理論では、政治家のマスク着用で需給が悪化しかねないことになるのだが…

尾辻議員、今度はフェイスシールドを批判するも、福島党首や宇都宮けんじ氏が着用…

尾辻議員のブーメランは続く。

6月14日には、以下のようにフェイスシールドの学校での使用を有害無益とする大阪小児科学会の主張を紹介した。

そして、大阪でのフェイスシールド配布を再検討すべきと断言した。

しかし、この大阪小児科学会は、以下のように低線量被ばくを問題視する上に、放射能で魔のおしどりマコ氏が参加するという、内実はお寒い団体である。

とても真に受けることはできない。

しかも、今回もまた、合併協議中の社民党の福島瑞穂党首に宇都宮けんじ都知事候補のフェイスシールド動画で突っ込まれる始末。

いったい尾辻議員は、何を考えているのか。他人に言う前に、身内から説得するべきだろう。

軽率な発言は以前からあった。


要するに立憲民主党は、代表から議員までが、この体たらくなのだ。相手を批判することばかり考えているから、何も見えなくなる。

こういう建設的な提案すらできず、他人を批判しようとして、ブーメランで自爆する人たちには野党ですら失格だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧