• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 【尖閣】中国海軍のミサイル艇が台湾付近に展開 領海侵入時に軍が海警局と連動か ネット「親中派の連中は、まだ、中国へ配慮をするのだろうか?」「このまま放置すると竹島と全く同じ運命になる」

【尖閣】中国海軍のミサイル艇が台湾付近に展開 領海侵入時に軍が海警局と連動か ネット「親中派の連中は、まだ、中国へ配慮をするのだろうか?」「このまま放置すると竹島と全く同じ運命になる」




中国海警局の巡視船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海に侵入する際、中国海軍のミサイル艇が巡視船に連動して台湾付近に展開していることが1日、分かった。4月14日から今月1日まで110日連続で巡視船が尖閣周辺を航行した期間にも同様の動きがあり、中国本土ではミサイル部隊が展開していることも判明。不測の事態に備え、周辺海域を警戒する海上自衛隊の護衛艦を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。複数の政府関係者が明らかにした。

政府関係者によると、ミサイル艇は中国海軍の東海艦隊(司令部・浙江省寧波市)所属とみられ、海警局の巡視船が領海侵入するのに合わせて航行。通常の軍艦に記されている艦番号がなく、小型で海洋迷彩の塗装が施されている。

これと同時に中国本土では移動式発射台に搭載された地対艦ミサイルが展開している。政府関係者は「領海侵入時になると、普段はいないところに地対艦ミサイルがいる」と説明する。

一連の動きは2018年ごろから顕著になったという。中国政府は同年7月、海警局を軍の指導機関に当たる中央軍事委員会傘下の人民武装警察部隊に編入した。ミサイル艇や地対艦ミサイルの展開は、複数の軍種と海警局が一体的な指揮のもとで統合運用されている可能性を示すものだ。

海警局は巡視船の大型化を進めており、軍艦並みの機関砲を搭載した1万2千トン級も配備。防衛省は中国海軍の艦艇を改修した巡視船も配備されていると分析している。

ミサイル艇が展開するようになる以前から中国軍艦艇の動きはあった。海警局の巡視船が尖閣諸島周辺を航行する際は海軍のフリゲート艦や駆逐艦が周辺海域に展開している。

ただ、フリゲート艦などは尖閣諸島から約90キロ北東の北緯27度線以北を航行しており、27度線を越えて南下するのは例外的な動きにとどまっている。海自護衛艦は27度線以南の海域に展開しており、日本側の動きを観察するためとみられている。これに対し、ミサイル艇は基本的に27度線以南の海域を航行している。

尖閣諸島をめぐっては昨年7月23日、中国、ロシア両軍の爆撃機が編隊飛行で27度線の上空まで尖閣諸島に迫る動きを見せている。同日も海上では中国公船4隻が尖閣諸島周辺の接続水域を航行していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/344a4b19db11b8ddda463f66ca19618e6f159753





ネットの反応(引用元
中国のこの行動をみても、親中派の連中は、まだ、中国へ配慮をするのだろうか?

この先、与野党問わず、国会議員の言動には、注意を払う必要ありですね。

遠からずある選挙の投票の判断材料になると思う。

今の法律だとミサイルを撃たれた後でしか対応出来ない。中国はタイミングが整えば躊躇無く尖閣諸島に侵攻してくる可能性がある。日本も相手が攻撃する挙動が見られた場合、敵拠点を先制攻撃出来る様に法律を変更する必要があると思う。
日本は米英豪カナダとの 同,盟 を強化し
NZ+サミット+アセアン+インド+TPP参加国と連携・連帯を深め
さらに経済民間交流も深めて,親日友好国を増やして

Chinaが軍事オプションを選択する可能性を下げ
平和に安全に生きて行きますよ

中国の強引な違法行為は、法律上日本が何も出来ないのを念頭に置いての行為だから、腹立たしい。
毎回、遺憾だけではなく我が国の領土なのだから領海・領土への侵入は確実に排除するべき。
海上保安庁だけでは確実な行動は無理です。威嚇能力の高い海上自衛隊が効果的です。
日本の領海ですから防衛能力を備えた艦船が一番効果的。
尖閣諸島に早く軍事施設を設置して欲しいですね。
おそらく今の日本じゃ中国に対して強い態度には出れず、このままこんな状況が続くといずれ中国に実行支配される可能性も充分にあるから、対空対艦ミサイルなどの設置、軍艦が停泊出来る様整備し、自衛隊は勿論の事米艦隊も停泊出来る様にすべきだろう。
悠長にかまえている場合ではない。
このまま放置すると竹島と全く同じ運命になる。
早急に尖閣諸島に設備を設置し日の丸を掲げることが重要。同時に諸島内に自衛隊を駐屯させ、米軍と監視防衛を強めなければならない。
ミサイル艇も出てくるのではもう海保の範囲を超えている。
法改正して海上自衛隊の艦船をはけんして尖閣周辺に常駐してもらうしかない。
早く手を打たないと竹島の二の舞になるぞ。
中国なんて日本の常識が通用しない国なので抗議ばかりしていて無無意味。
態度で示さないとわからない国だ。
尖閣諸島で海上自衛隊とアメリカ軍で合同訓練してもいいぞ。
米国と中国共産党が対立している今だからこそ尖閣諸島の島々に米軍と自衛隊の共同施設を建設するべきだと思う。ここは、米国の力を借りてでも日本の領土を守るのが優先。これ以上、中国共産党の太平洋侵略を許してはならない。
中国海警局の巡視船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海に侵入する際、中国海軍のミサイル艇が巡視船に連動して台湾付近に展開していることが1日、分かった。

そろそろ弱腰外交やめて、真剣に
実効支配すべきだと思う。

日本に必要なのは敵基地攻撃能力ではなく敵国攻撃能力だと思う。
敵国の都市や発電所、ダムなどを直接攻撃出来る能力。
日本を攻撃したら自分もタダでは済まないという状態こそ専守防衛だと思う。
平和を願うなら、戦争を回避するならば攻撃をされない国でなくてはならない。
軍の艦艇を海警に転用。
普通のことだと思う。
日本も海保に払い下げろとずっと言ってる。
塗装を変えるだけだから費用は少なくてすむ。
その分海自の新しい艦艇を多く作る。

大きさと数は絶対に必要。

人員も。
今、職のない若者が多い。
採用して訓練して増強すべし。









この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧