中国ファーウェイ 米規制措置の影響で高性能の半導体の調達困難に




中国の通信機器大手「ファーウェイ」の幹部は、アメリカによる規制措置の影響で、9月中旬以降、高性能の半導体の調達が困難になるという見通しを示し、新たな通信規格「5G」のスマートフォンの生産など今後の事業への影響が注目されます。

アメリカ政府はことし5月、アメリカ製の製造装置で作られた半導体は、国外で製造されたものでも、来月中旬以降、ファーウェイへの販売を認めないとする規制措置を発表しました。

これを受けて、ファーウェイが生産するスマートフォンに使われる半導体のほとんどを受注してきた台湾の半導体大手「TSMC」は先月、ファーウェイへの出荷を今後、取りやめる方針を示しています。

こうした中、中国メディアによりますと、ファーウェイの消費者事業部門の余承東CEOは7日、深※センで行われたイベントで、来月中旬以降、高性能の半導体の調達が困難になるという見通しを示したということです。

ファーウェイは今後、調達先を中国企業に振り替えることも検討していますが、技術のレベルはTSMCには及ばないとされ、「5G」のスマートフォンの生産など今後の事業への影響が注目されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200808/k10012557951000.html




佐藤議員の投稿へのコメント
現在の国際社会と同様に、戦国時代も経済制裁はありました。
いわゆる『荷留』です。
武田信玄の領国は内陸でしたので、荷留をされると経済力がガクンと落ちます。
軍事物資だけでなく生活必需品さえも欠乏したと考えられます。
有名なものとしては「塩」。
今川氏、後北条氏に塩を止められた武田信玄に、上杉謙信が塩を送ったという美談がありますが、現実には、上杉謙信は「塩を売る稼ぎ時」と考えた一方で、「隣国・信濃の領民の信頼を勝ち取っておけば、将来、信濃計略にプラスになる」という考えがあったようです。頭がいいです。
事実、謙信の行為に信濃の領民は感謝して、塩が運び込まれた1月11日を「塩市」として、その後も続けたといわれています。武田信玄も感謝して、上杉謙信に返礼として一振りの備前刀を贈り、上杉家も保管、現在は「塩留の太刀」として東京国立博物館に所蔵されているとのことです。
世界が一丸となって
中国共産党を崩壊させ中国人民に自由を
絶対に絶対に、日本企業が名乗りを上げそうで怖いわww
米国の指示に従わない旨の条件が付いたファーウェイの次世代半導体購入の案件に、サムスンとSKが商談を進めている。との、台湾からの情報が入っている。

台湾は、米国指示に歯向かう事が出来ない為に、悔しい思いをしていると聞かされた。

正直、中国と取り引きしたいのは経済界だけ。
残留農薬の多い野菜や火の吹く家電、粗悪な部品類はもういりません。安くてもすぐ問題発生し結果、高くつくのが中国製。サスティナブルな取り組みを政府が進めるならば中華製は絶対ないはず。
サムスンはどうするのでしょう?
もし、サムスンが中国と取引し続けるなら、レジストなどの戦略物資は、日本から買えなくなるでしょうね。
日本の経営者や政治家、テレビに出てくる専門家の中には、「なんだかんだで米中双方と商売できるだろう」と思ってる人多いけど甘いよ
ファーウェイは制裁対象の一例でしかない。
先進技術は部品は勿論、ソフトウェアや製作機械も使用出来なくなる。
電子部品を設計するCADソフトも使用禁止となった。
アメリカによる制裁の効果が出てきてる。いい傾向です。

ただ日本の技術や取引がどのくらいなのか知らないが、代替品が日本製でないことを願うばかりです。

良い兆候ですね。あの国の製品は壊れやすいし、市場に出回らない方が良いですよね?
そうですよね。安いと思っても後で痛い目に合うのだったら今我慢して息の根を止めた方が良いと思います。生温いことをしてるとまた盛り返してしまいます。安いのには訳があったではありませんか。筒抜けで何が起きるかわかりません。
国内にも半導体製造メーカーあるらしいけど、日本産フッ化水素がないと作れず、あっても少量で品質悪しというチャイナクオリティらしい。TSMCの最終出荷が9月14日でしたっけ?それ以降は在庫部品分でしか作れなくなる。年内にご臨終かな?








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧