• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • チェコ上院議長、中国の圧力退け台湾訪問へ 「北京側は訪台を繰り返し阻止しようとしたが、かえって訪台の決心が強くなった」

チェコ上院議長、中国の圧力退け台湾訪問へ 「北京側は訪台を繰り返し阻止しようとしたが、かえって訪台の決心が強くなった」




チェコのミロシュ・ビストルジル(Miloš Vystrčil)上院議長は、8月29日~9月5日の日程で台湾を訪問する。蔡英文総統と会談する予定だ。台湾の中央通信社が8月6日に伝えた。チェコ議長の訪台をめぐって在プラハ中国大使館は計画の取りやめを求め、圧力をかけていた。

同行する代表団に科学者、議員、企業代表など約90人が参加する。人工知能、航空宇宙などの技術分野について協議するほか、自由民主主義の価値観の共有についても話し合う。また、台湾の中共ウイルス(新型コロナウイルス)感染防止について交流をする予定だ。

チェコでは、上院議長は大統領に次ぐ地位にある。ビストルジル氏は「台湾立法院(国会)の游錫堃院長(議長)と面会する予定があり、機会があれば立法院で講演をしたい」と述べ、「議会外交は民主政治の重要な部分であり、今回の台湾訪問はまさに議会外交の成果である」との考えを示した。

同氏は中央社に対して台湾の流行予防の実績を称賛し、台湾からの医療物資などの援助に感謝の意を述べた。

今年1月、翌月に訪台予定を控えるヤロスラフ・クベラ(Jaroslav Kubera)前チェコ上院議長が急死した。同氏の妻はメディアに対し、中国大使館が前議長に訪台を止めるよう脅迫し、同氏は中国側の圧力で体調を崩し亡くなったと告発した。

クベラ氏は死の3日前に中国大使館に招かれ、張建敏中国大使と密談をしたという。

ビストルジル議長は、6月にチェコの雑誌「Reflex」とのインタビューで、「北京側はクベラ前議長と自身の訪台を繰り返し阻止しようとしたが、かえって訪台の決心が強くなった」と語った。

チェコ団一行は全員、健康と安全を確保するため、出発前にそれぞれ2週間の自己隔離を得て、その上に2回のウィルス検査を行うなど感染防止に最善を尽くすという。

https://news.livedoor.com/article/detail/18703972/




ネットの反応(引用元
こういうリーダーどんどん出てきて欲しいな
世界的な民主主義で中国を封じ込めよう
気骨があるね
弔問による外交の再興は、李登輝さんの最期の置き土産かな
米が本気みたいだから台湾の国連加盟が通るかもね
森元総理が風穴開けたよな!
台湾の時代が来る
世界の流れは完全に中国を見放す方向に変わった
日本は親中派議員が排除されるのも時間の問題だろうね
チェコは向こう側だと思ってました
駄目って言われるとやりたくなる
嫌いな相手なら尚更
YouTubeで中国専門家の話を聴いているとナチスよりヤバいな
中国共産党独裁政府
>>同氏は中国側の圧力で体調を崩し亡くなったと告発した。

どんな圧かけたんだよ、一国の最高ランクの人間に。
中国怖すぎるわ。









この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧