「岸信夫防衛相」に中国が慌てふためく理由 日本の政界において著名な「親台派」




 アンシンフ――この日本人の名前に、早くも「中南海」(北京の中国最高幹部の職住地)がザワついている。昨日発足した菅義偉新政権で、新たに防衛大臣を拝命した岸信夫氏(61歳)、安倍晋三前首相の実弟である。

中国最大の国際紙『環球時報』(9月17日付)は、岸防衛大臣に関する長文の記事を発表した。そこでは、生まれて間もなく岸家に養子に出された岸信夫氏の数奇な半生を詳述した上で、次のように記している。

<岸信夫は、二つの点において注目に値する。第一に、岸信夫は日本の政界において著名な「親台派」である。現在まで、岸信夫は日本の国会議員の親台団体である「日華議員懇談会」の幹事長を務めている。第二に、岸信夫は何度も靖国神社を参拝している。2013年10月19日、岸信夫は靖国神社を参拝したが、これは兄(安倍首相)の代理で参拝したと見られている。安倍晋三本人も、2013年12月26日に参拝している>

このように、中国は警戒感を隠せない様子なのだ。

■ 当初、「菅政権」を楽観視していた中国だったが・・・

今月の自民党総裁選の最中、ある中国の外交関係者は、私にこう述べていた。

「菅義偉新首相が誕生しそうだということよりも、その際に二階俊博幹事長が留任するだろうことが大きい。極論すれば、日本の次の首相が誰になろうと、二階幹事長さえ留任してくれればよいのだ。

二階幹事長は、日本政界の親中派筆頭で、わが王毅国務委員兼外交部長(外相)も、二階幹事長と会った時だけは、まるで旧友と再会した時のように両手を差し出し、相好を崩すほどだ。習近平国家主席にも面会してもらっている。

安倍首相は、二階幹事長の進言を聞かず、対中強硬外交に走った。だが菅新首相は、『後見人』の二階幹事長の声を無視するわけにはいかないだろう」

このように中国政府は当初、菅新政権を「楽観視」していた。だが「岸信夫新防衛大臣」の発表は、冷や水を浴びせられたような恰好なのだ。

(以下略)

https://news.yahoo.co.jp/articles/11e65f5f0b700cfde488468848d66d0ea901a977

【台北=矢板明夫】台湾の蔡英文総統は16日、菅義偉氏の新首相選出について「日本政府が菅首相の指導の下、各分野の国政を順調に推進し、国家の発展と繁栄を遂げることを祝福する」とのコメントを発表した。辞職した安倍晋三前首相には「長年にわたる台湾への支持」に感謝した。

台湾の外交部(外務省に相当)の欧江安報道官も同日、声明を発表し、「菅氏は官房長官在任中、『台湾は重要なパートナーであり、大切な友人である』と表明してきた」とし、世界保健機関(WHO)など国際組織への台湾参加も支持してきたとして菅氏を高く評価。その上で「台湾と日本がこれから全方位にわたる協力関係を深化し、インド太平洋地域の平和と繁栄、安定を維持することを期待する」とした。

台湾メディアは閣僚人事にも高い関心を示した。特に安倍氏の実弟、岸信夫氏が防衛相に就任したことを「親台派の入閣」と大きく伝えた。「三立新聞ネット」は、岸氏について台湾との友好促進を図る超党派議連「日華議員懇談会」の幹事長を務めていることを紹介し、「これまでの日本が台湾を支持する行動で、岸氏は常に主役だった」と説明した。岸氏が防衛相就任したことで、安全保障面での日台関係強化に対する台湾世論の期待が高まっているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63c1c922109f70c3886312d6edad4f090b0d95fb




ネットの反応(引用元
101代目がみえてきたかな?
在任中は敢えて弟を要職に就かせなかった。
安倍の人間性が良くわかったか!
いろいろバランスとってんのな。
岸さんが閣僚になったから、「日華議員懇談会」の幹事長は、安倍さんに交代だね
安倍さん、早く靖国参拝して台湾訪問しようよ
中国に釘というより、二階の頭頂部に釘を打ち込んだ印象。
親台派なら、親米と宣言して様な人選だもの。
これからは、日米台

そう韓国じゃなく、台湾だ。

岸防衛相は間違いなく次の総理候補の一人だよ。
河野、岸あたりが本命、岸田や石破は出たとしても
泡沫候補となる
河野でも良かったけど行政改革にまわってもらって岸が防衛大臣になるのは日本の国益に叶うだろう
蔡英文「岸信夫防衛大臣加油!」








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧