• HOME
  • 記事一覧
  • 与党 , 政治ニュース
  • 防衛費、過去最大の5兆4千億円 2021年度予算の概算要求 佐藤正久議員「大事なのはこれから」 ネット「周辺国はコロナ過でも軍拡を続けている。世論は得られやすいのでは」「減額は中国の思うつぼ」

防衛費、過去最大の5兆4千億円 2021年度予算の概算要求 佐藤正久議員「大事なのはこれから」 ネット「周辺国はコロナ過でも軍拡を続けている。世論は得られやすいのでは」「減額は中国の思うつぼ」




 防衛省は、2021年度予算の概算要求について、過去最大の防衛費5兆4千億円超を計上する方針を固めた。菅義偉首相は安倍政権の安全保障政策継承を掲げている。増額を維持するかどうかが焦点になる。電磁波で相手の攻撃を防ぐ電子戦の専門部隊を陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区など)にも新設する関連経費を計上。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の代替策については金額を示さない「事項要求」にとどめる。政府関係者が21日明らかにした。

防衛費は第2次安倍内閣発足以降、8年連続で増加。コロナ対応で厳しい財政事情下、防衛費増額要求が世論の理解を得られるかは不透明だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c706d8659f5f064ff6af82dcf80df3d8fbf022d




ネットの反応(引用元

日本周辺国の全てがコロナ禍にも拘らず軍拡を続けているのが現状です。韓国も2021年度の国防予算案は前年比5.5%増となっています。こういった情勢下なので、世論の理解は得られやすいのではないかと思います。
中国の野心が表面化してるから必要経費だな、
状況次第で更なる増額もやむ得ないと思う。

1日も早い憲法改正と自衛隊の人達が
無駄に犠牲にならない体制作りをしないと、

撃たれないと反撃出来ない規則を
憲法改正は難しくても状況判断で出来るよう
法改正は急務。

西太平洋への中国軍の影響力増大に対し国際社会から懸念が広がる中、国内の財政を理由に防衛予算を減額することは、日本が国際社会の足並みを狂わせかねなません。それこそ中国の思う壺でしょう。
一国の国内事情による防衛予算の減額は国際社会に間違ったメッセージを送りかねません。
アメリカから指定されたGDP
2%になってるのかな??
日本周辺国の治安が悪くなってます。
国民の為の安全費と思い宜しくお願いします。
自衛隊員のトイレットペーパーも自前の冷遇は改善お願いします。
日本国民の命を守って頂いてます。
過去最大、過去最大、過去最大…

何も問題ない。むしろ少なすぎる。
昭和の時代の防衛費1%の枠を取り払い、必要な時にはきちんと国防に費用を使うようにしよう。
そうしないといざと言う時困るのは日本国民だよ。

中国がもうそこまで来ている状況で、防衛費が過去最高などと、寝ぼけた事を言って何を求める?国民が信頼している組織として「7割以上」の支持を集める自衛隊なのだから、ここに頼らざるを得ないでしょうよ。
自衛隊の充足状態を無視した、共同通信らしい、いつもの偏向記事。
退役将官が言っていたが、国防機密なのであまり面に出無いけど、兵器はあるが、玉が無い。兵員も充足していない。
輸入装備品もローンで払っているようなもの。
コロナで十分な検討も無く、勢いで80兆円も予算化ができるのだから考え方次第でしょう。
護憲派の人の論理は軍隊も何も武力がない国に攻める訳がないという論理だけど、今の中国を見ていればそれが破綻しているのは明らか。

主戦場は宇宙になりそうだし、宇宙の覇権を中露に握られたらパワーバランスが大きく逆転する可能生もある。
長期的な視点で防衛力を上げていって欲しい。

日本の極東における軍事的優位が崩れて久しい。過去最大の軍事費といってもお隣りの三分の一だ。強固な日米同盟があるからと言っても、自国の安全は自国で出来ないなんて独立国家と言えない。その為にも経済を繁栄させて、豊かな国強い国を目指さないといけない。少しずつでも目標達成できるよう、菅さんに大いに期待する。
尖閣諸島への中国の圧力とロシアの飛行機の侵入、また北朝鮮などによる、発射実験や密漁による不審船等も段々と増えたことが、増えた原因と思われます!
特に尖閣諸島は中国の監視船等、日本海内に何十隻と来たため、偵察機と海上保安庁と海上自衛隊の出撃がそれに備える為の数が出てお見合いが続いてるので、出費がかさんでます!これも早く解決しないと、自衛隊の疲労や長期の海の上の滞在、出費等も重む一方なので、中国問題は早めの決着付くようにして欲しいです!
少なくとも、「トイレットペーパー」等の隊員負担はなくすべきでしょうね。
「突撃」だけではなく、「補給」、「生命維持」等、本当に必要なバックアップ構築を優先し、「天下り」等の無駄経費は是非とも抑えて欲しいものです。
自衛隊は当たり前の戦闘態勢が整っておらず、戦闘する以前の問題だと言う話を目にする事がある。

自衛隊員が自前でトイレットペーパーを買わなければならない程に待遇が悪いとか、十分に戦闘を継続できる程の燃料や弾薬が整えられていないとか言った話だ。

当たり前の戦備を整えて行くのであればこの程度の予算で足りるのか?という疑念が当然の様に湧いてくる。

極々当たり前な戦備を十分に整える事も予算要求に含めて欲しいと思う。









この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧