国連への評価(好感度)、14ヶ国世論調査で、最も低かったのは日本




ロンドン(CNN) 創設75年を迎える国連の実績について先進14カ国で実施された世論調査で、新型コロナウイルス対策や気候変動に対する行動の呼びかけ、平和の構築といった主要8分野で過半数が国連の対応を評価していることが分かった。

ここ数年は米国の政治家による国連バッシングが続いているが、国連に対する評価が最も低かったのは米国ではなく、日本だった。

この調査結果は米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターが21日に発表した。

米国人の国連に対する評価は、トランプ政権の初期にはやや低下したが、ここ2年の間に再び上昇してオバマ前政権時代とほぼ並んだ。国連に好感を持つ米国人はほぼ3分の2(62%)に上り、好感を持たない米国人は3分の1程度(31%)にとどまった。

調査は北米と欧州、アジア太平洋地域の先進14カ国で実施され、6月10日~8月3日にかけ、1万4276人から電話で聞き取り調査を行った。

米国人は10人中約7人の割合で、国連が人権(70%)や平和(72%)を推進していると答え、10人中6人は経済発展(62%)、気候変動対策(61%)を促進し、米国のような国の利益(58%)を進展させていると回答した。

国連はコロナウイルスのような感染症対策を推進している(55%)、普通の人のニーズに対応している(54%)、国際問題に効率的に対応している(51%)という回答も、かろうじて過半数を上回った。

米国民の国連に対する意見は、ピューが調査対象とした他の先進国とそれほど大きな違いはなかった。

突出していたのは日本で、国連に対する好感度は14カ国の中で最も低かった。日本人の半数以上(55%)は国連に対して好感を持たないと答え、好感を持つという人は10人中3人(29%)に満たなかった。

1年前の調査では、日本人の47%が国連に対して好感を持つと答えており、好感を持たない人は35%にとどまっていた。分からない、または答えたくないという回答は、前回調査で18%、今回調査では16%だった。

上智大学の植木安弘教授はこの結果について、米国のトランプ大統領やポンペオ国務長官による国連や世界保健機関(WHO)に対する攻撃が、日本人の世論形成に影響したと思われると分析する。

植木教授によると、米国による攻撃の主な動機は、11月の大統領選挙を控えた米国内の政治的理由から、対応に失敗した責任を中国やWHOに転嫁することにあったが、多くの日本人はそれを言葉通りに受け止めた可能性がある。日本人は他国に比べると、トランプ大統領の発言をそれほど批判的に見ていないと植木教授は解説する。

もしも11月の大統領選挙でバイデン前副大統領が選出され、オバマ政権時代の多国間アプローチに戻った場合、日本人の国連に対する支持率も再び上昇すると予想した。

ただ、日本人の間には、国連に多額の貢献をしているにもかかわらず、常任理事国になれないことに対する苛立ちもあると植木教授は指摘する。

日本人のWHOに対する評価も、他国に比べて低い傾向があった。WHOによる新型コロナウイルス対応を「悪い」と答えた日本人は67%と、14カ国の平均の約2倍だった。

WHOの新型コロナウイルス対応に対する評価が日本よりも低かったのは韓国のみで、「悪い」とする回答は80%に上った。米国は44%だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7cbc9ad77631a877c18b6d2df4670f2cce5c81bc




ネットの反応(引用元
そもそも、国連は日本を「敵国」と認定した条項を持っている機関であるという本質的な問題があります。その一方で、中東の紛争やそれにまつわる動向を観察していると、日本には「国連が紛争当事者に停戦や和平を強制できる/強制すべきだ」という幻想が根強くあり、そうではないと認知されると評価や好感度は下がるのではないでしょうか。また、移民・難民問題などで「日本に負担を要求するだけ」というイメージも広まりつつあるかもしれません。国連や傘下・関連の国際機関には功績も多いのですが、日本という環境から見れば過大な期待をすべきでない機関に対し、過大な期待をし続けてきた反動が出るのかもしれません。
分担金を滞納している国が常任理事国として踏ん反り返っている一方、分担金を律儀に払い続けているにも関わらず敵性条項から外されていない、いわば国連から敵と見做されている日本が国連に対して評価が高くなるはずがない。

前回に比べて評価が下がったのは日本人が真実を知り始めた結果ですね。

70年前の敗戦を理由に口は出せないのにキャッシュデイスペンサーのごとくお金だけ出さされてるから。
GDPで按分を基本にあまりにも影響力の大きさを考えたら常任理事国五カ国は按分比率の倍は負担すべきだ。
日本はそれぐらい主張してもいいと思う。
常任理事国に中国が認められてるから、不信感があると思う、人権蹂躙国家中国が常任理事国なんてあり得ない、日本は脱退した方が良いと思う、賛助金が無駄になってる。
国連に対する日本人の好感度なんて高い訳がない。金はむしり取られど、日本に不利なことしかして来ない。最たるものは慰安婦のクマラスワミ報告等、調査もしないで、ありもしない虚偽の事項を平然と認めてしまう組織。ハッキリ言って、官僚の天下り先で存在しているだけの要らない組織です。
国連に入ってて得をしてるのは、常任理事国だけでしょ?
中国とロシアが何やっても止められない組織を、評価することなんて出来ないと思いますけど。
それに世界大戦終結以後、国連がどのような活動に寄与したのかさっぱりわかりません。
大概、大国の良いように使われてるのしか見てませんけど。
国連が世界平和ではなく、”常任理事国による恒久的な世界支配”の為に存在している事を、多くの日本人は気がついてる。
圧倒的な権限を保有している常任理事国側の人間は、権力維持の為に国連を高く評価するだけの話。
国連が、以前に比べたら、平和形成・平和維持に寄与していない。と感じている。
当然、日本も負担している分担金に対して、国益を得ていないと言うのを理解しているのだろう。
さらに言うなら、日本人のほとんどの人が、大きな期待を裏切られていると言う思いの裏返しが、今の国連への日本人の評価だろう。
国連を信用しなくなったのは、中国が裏で暗躍してる事例が多いこと、国連決議は多数決が優先されるが、まともな民主主義国が少なくその結果は必ずしも人権重視とは言えないこと
こういう事に気がついたからでは?
トランプだけの問題ではないと思う

WHOは当初マスクは必要がないと言い、日本のマスコミもマスクは必要がないと宣伝してました
しかし多くの日本人がこの報道に懐疑的だった
WHOとマスコミへの不信感はここから始まりました

エアゾロル感染という言葉を宣伝してましたが、つまりは空気感染ですよね
WHOは最近になって空気感染を認めました
今では空気清浄機の購入を勧めています
しかし全ての空気清浄機がコロナウイルスに役立つはずがありません
ウイルス対策に機能する空気清浄機の種類は限られているのでは?
企業からの献金でもあったのでは?
WHOも裏に中国がいますしね

IWC同様に支出と権利を考えて拠出金を出す。日本国民の税金を無駄にしないでほしい。
これからの日本も少子高齢化など国民は良く税金を払うのが大変になっていくのぢから。
日本の評価は当然の結果でしょう。世界で3番目に多い分担金を払っているにも関わらず、戦後75年も経っているにも関わらず、旧敵国条項すら撤廃できないんですよ。(ちなみに、ロシアの分担金は日本の1/4)
さらに安保理は常任理事国の拒否権によって、重要な案件になると機能不全になる。
独裁国家が理事になっている人権理事会は、もはやジョークとしか言えない状況。噴飯ものだ。
もし高評価だったら、そっちのほうがおかしい。
多額の負担金を払っているにも関わらず、国連は日本のあり方について文句しか言わないイメージですよね。それに中国の人権侵害について何かしていますか?そりゃ日本で好感度なんて上がるはずもないと思いますよ。








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧