小沢一郎氏、学術会議の任命拒否問題をバッサリ「ノーベル賞発表の最中、タイミングとしても最悪」




 立憲民主党の小沢一郎衆院議員(78)が9日、自身のツイッターを更新。ノーベル賞の発表とからめ、日本学術会議の会員候補6人を任命しなかった政府を厳しく批判した。  この日、英科学誌「ネイチャー」が「科学と政治の切れない関係」と題する社説を掲載。菅政権が日本学術会議の会員候補6人を任命しなかった問題について「政治家が、学問の自律性や自由を守るという原則に反発している」としたとする記事を貼り付けた小沢氏。

「この総理は、就任早々、世界に恥を晒してどうするつもりか」と書き始めると、「日本は学問を重んじない前近代的な後進国というイメージがつけば、その影響は計り知れず、あらゆる分野に及ぶだろう。ノーベル賞発表の最中、タイミングとしても最悪である。本当に理解に苦しむ」と厳しく続けていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2877b5b932ab00417008b3e7e0b67c0f059b6670





ネットの声

いつもバッサリ切っているつもりが、選挙で有権者からバッサリ切られて大敗していますね。
まず「会員候補」ではなく、あくまでも「推薦人」だ。
悪質な、印象操作だ。
立憲民主党では、欠員になると仲間内で入党を認めれば枝野はじめ幹部は反論せず誰でも入党を認めるのか?
ノーベル賞とひっかけて、批判を強くしたかったのかもしれませんが、日本の学術議会なんか世界からみたら影響力なんかほぼないでしょ?
学術協会のほとんどはただの権威にすがるだけの連中と世界的な偉業を成しノーベル賞を授与された学者様を同一視するのはあまりにも失礼ではないですか?
後小沢の存在含め不快です。
この男のツイートを一々記事にしている背景を知りたい。
編集部にシンパが紛れ込んでいるのでは?
我が社に出世したくないけど既得権益はなくしたくないし、責任のあるポストはいやだと言うモンスター社員がいます。
この人そっくりです。
何の関係もない詭弁。論理的に破綻している。そんな事言っているから徐々に隅に追いやられるんですよ。
小沢さん最近ちょっと極論が過ぎて、国民も「あれっ」と思うよになってます。
ノーベル賞と日本の学術会議とは、関係ない。病院で検査してもらいないさい。
学術会議はその名の通り小沢一郎さんの苦手な会議です
逆にノーベル賞取ってから推薦されろよ。
学校推薦だって企業推薦だって実績あって書類にそれが書かれてるから採用されるんでしょ。
小沢がバッサリならこちらも小沢の家族からの絶縁問題をバッサリ。
日本人科学者がノーベル賞受賞したのなら任命拒否には最悪のタイミングかもしれないけど今回受賞してないしね




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧