平野啓一郎氏、菅首相の「学術会議リスト未見」説明に苦言「支離滅裂。無責任だろう」




芥川賞作家の平野啓一郎氏が9日夜、ツイッターに新規投稿。日本学術会議の会員候補6人を任命しなかった問題で、菅義偉首相が報道各社とのインタビューで会議側が作成した105人の推薦リストを「見ていない」と述べたことを受け、「支離滅裂。無責任だろう。嘘つきも困るが、嘘さえつけないとは」と苦言を呈した。

平野氏は「支離滅裂。『総合的、俯瞰的活動を確保する観点から判断をした』と言ってたはず。見ないでどうやって判断するのか?無責任だろう」と指摘。「結局、また誰かに責任を押しつけようとしている。嘘つきも困るが、嘘さえつけないとは」と問題視した。

菅首相によると、会員任命を決裁した9月28日の直前に会員候補リストを見たが、その時点で最終的に会員となった99人がそのまま記されており、6人を拒否する立場になかったという。これまでは「首相の任命拒否権」が問われてきたが、菅首相の説明に従えば「首相以外の第三者」が任命拒否したことになるため、今後はその経緯や理由と共に「誰が判断したのか」が焦点となりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc735851729fd741d4654110199a4eabd2243713





ネットの声

学術会議に問題があるとして、今回拒否された6名はその問題点を体現した人物だということなのか?
学術会議自体の見直しは必要だと思う。
もし、私が売れない芥川賞作家なら、左翼が牛耳る学術会議を擁護するだろう。大手出版社もほとんど編集長は左かぶれか左翼シンパなので、ゴマをすらなければ妻子に飯を食わして生活できないからだ。売れない芥川賞作家もたいへんなのだ。本当に同情する。
騒ぎ過ぎ。当たり前すぎて何かおかしいのかわからない。トップは全ての事柄、枝葉末節まで確認してハンコ押してる訳ではない。それこと総合的俯瞰的に判断したんだろう。
またメディアの情報だけで発言していますね。
その6人が無駄だと判断した人がいるんだろうけど、俯瞰的に見る為に第三者に任せたって事だろう、そもそも誰を任命するか首相が一人一人決められる訳でもないしそんな時間ないだろ。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧