菅政権、学術会議にメス 野党「論点すり替え」と批判




菅義偉首相が日本学術会議の会員候補6人を任命しなかった問題で、政府・自民党は学術会議の組織見直しを打ち出した。

守勢に立たされている現状を、行政改革という新たな論点で局面転換する狙いがあるとみられる。ただ、問題は「政府・自民党」対「学術会議・野党」の対立構図で激しさを増しており、思惑通りとなるかは見通せない。

「学術会議の役割に関心が集まっている。これを機会に学術会議の在り方がいい方向に進むようなら歓迎したい」。菅氏は9日のインタビューで、学術会議見直しの動きが出ていることを評価した。

具体的な見直し対象は、年間約10億円の学術会議に関する国の予算や、学術会議の事務局員50人体制などだ。政府高官は「この機会に準民間組織にしてもいい」とけん制する。自民党も学術会議の在り方を検討する党プロジェクトチームを来週発足させ、活動状況や組織形態など問題点をあぶり出す構えだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e6786acab2bf047a112669e04131a016b8d5b004





ネットの声

全面的に支持したい。
日本学術会議って、所得税の震災復興増税を提言したろくでもない組織でしょ?
「論点のすり替え」ではなく、これこそが菅さんの「本命」。安倍政権時代に北大の件で苦い思いをして以来、ずっと狙っていたのだろう。
論点をすり替えたのではなく、そもそも任命拒否はこれを論点とするための布石だった訳で。
これがまさに本丸。
野党がお得意の論点すり替えと一緒にしちゃだめ。
法律で規定したものは、時間が一定経過したことだけでも、維持も含めてレビューすることは、正常。
大学の教授陣を見ていれば分かるけど,こんな人が何故評価されるのか不思議な時がある。
今回の一連の騒動で日本学術会議というものを知れて勉強になりました。
学術会議はもう廃止にして良い。コロナで多くの国民が生活困窮しつつある時にのんきに任命する、しないとかで大切な時間をの潰すとかはしないで欲しい。
学術会議の人員選抜を透明化すること。
学術会議を、海外のように政府は支援せず、民営化すること
国の税金で支援する異常、政府が関与するのは当然ではないでしょうか。
野党はいつも残念だなぁ、首相に反抗的な事業仕分けのいいターゲットじゃん
公金が10億投入されてる「首相所轄の政府機関」なのに反日としか思えない
そんな人が多くて推薦の基準すら怪しい、推薦が得られない学者のほうが多い




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧