小沢一郎氏「総理が行きやすい所を外務省が選んだ豪華旅行」ネットの声「おまいう?」




小沢一郎衆議院議員が24日、ツイッターに新規投稿。菅義偉首相について「朗読が多すぎる」と批判した。

小沢氏は、菅首相が初の外遊先にインドネシアとベトナムを選んだことに「外務省が、総理が行きやすい所を選んだ豪華旅行のような初の外遊」と指摘。「やったことといえば、感情の全く伴わない原稿の朗読の繰り返し。税金は総理の自己満足のためではなく、もっと有効に使うべきである。とにかく朗読が多すぎる。朗読は原稿があれば誰でもできる。国会答弁も全て朗読するつもりだろうか」と危惧した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e8f5816f3331a11b1a8586c4091c875149e1674


ネットの声

行きやすい所を選んで何か問題があるの?
アメリカは大統領選でヨーロッパはコロナ、選択肢が限られているのは明らか。批判するネタが尽きたのだろうか。
ベトナムとインドネシアを選んだことの意味を本当に理解していないなら、小沢さんは少なくとも外交・安保に関して敵性はほぼ無いのでしょうね。
いよいよ批判のネタが切れてきたか?
言っていることが幼稚すぎ
野党支持者には受けるかも知れんが、国民の大多数を占める無党派層には「コイツ何言ってんだ?」としか思われない。
落ちぶれたものだ、この人自民党時代は喧嘩早いが古武士然として、人を妬んだり論う性格ではなかったはず、貧すれば鈍するか、人生の終盤を迎え過去の経歴を汚す仕業と気づかないのだろうか?
ご自身も、与党時代は豪華旅行三昧でしたね。
余り外交活動とか報じられない小沢さんが言ってもねぇ…。
そう言えばあなたが所属している党の方々、よく外国に行かれるが相手先の政府関係者とか要人に会うのにも四苦八苦してるのなんとかしてあげれば。
一度は総理にしたい、そういう声も昔に小沢さんにはありまし私もそう思っていたこともありましたけど、今は、一刻も早く引退して、余生を岩手で過ごしていただきたいと思います。ご苦労様でした。
小沢さんすっかり政権に対して総反対する今までの野党スタイルになっているように見える。
拒否られた6人は、 軍事力で世界を支配しようとする 中国共産党の千人計画に 軍事転用出来る最先端技術を流出させたり、機密を漏洩させたり共産党の手先に成り下がったのですか
そういう小沢は長年与党の実力者でいたにも関わらず、閣僚として外交の場に出たことすらない。
国政の現場に出て時には国民の批判を浴びるより、党内でキングメーカーの地位に安住することを好んだからだ。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧