• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 「外務省の前川」谷内正太郎氏、外交機密をペラペラとテレビで暴露し、「日露交渉は無理!」と大暴言!!今、武漢の邦人の救出と救援物資送付のギリギリの調整が続いているのに、日中外交の内幕も暴露!!谷内前国家安全保障局長の「売国的行為」を許すな!!

「外務省の前川」谷内正太郎氏、外交機密をペラペラとテレビで暴露し、「日露交渉は無理!」と大暴言!!今、武漢の邦人の救出と救援物資送付のギリギリの調整が続いているのに、日中外交の内幕も暴露!!谷内前国家安全保障局長の「売国的行為」を許すな!!

谷内正太郎氏という人物がいる。外務省出身で、外務事務次官、国家安全保障局長の要職にあった人物だが、日露交渉に失敗し、あの大失敗の日韓合意を推進したことで、安倍総理によって事実上の解任に追い込まれた人物だ。過去に韓国の諜報機関の元工作員との親密交際が週刊文春に報じられたこともある。

その「解任」ほやほやの彼が、25日のBSフジのプライムニュースに出演し、在職中に知りえた外交機密をペラペラと得意げに話し、「日露の領土交渉は事実上無理」であるかのような発言で日露交渉の妨害にしかならないことまでやり出したのだ。これは国によっては逮捕されるような事案である。

しかも、今、武漢の邦人の救出と救援物資送付のギリギリの調整が続いているのに、日中外交の内幕も暴露する始末。

一旦ポストを離れれば、外交交渉の機微にわたる部分も易々と暴露し、国益を考えているとは思えない。これでは、もはや「外務省の前川」と言うほかない、彼の実態を見てみよう。

谷内氏、プライムニュースで好き放題に外交機密を暴露!上から目線でトランプ大統領を評価!これにはトランプ大統領も激怒か!?

谷内正太郎氏は、25日BSフジのプライムニュースに、「安倍外交を最も知る男」として登場した。この時点で、まともな羞恥心があれば許容できないタイトルだが、そういうタイトルで出演してしまうのが谷内氏なのだ。

その谷内氏、第三国との電話会談を終えたトランプが安倍総理に電話してきた内容を暴露したのだ。トランプ大統領の電話内容などを政府の外交の最高責任者が暴露するなどありえないことだ。

しかも、谷内氏はトランプ大統領について、「一国の大統領に失礼だが、『役者だのう』と感じる」と語った。いったい何様なのか!

谷内氏が評論家ならば問題はない。しかし、谷内氏はつい最近まで、国家安全保障局長だったのだ。谷内氏からすれば、「外務官僚である上級国民である自分より、不動産会社上がりのトランプ大統領などは…」などと思っているのか?

「ディナーでの明るくて陽気な感じの方が自然に見える。交渉では語気鋭く、テクニックを使って攻め込む。すごい演技力だ」というのも、つい最近まで現職だった外務官僚が、現職の大統領に言うべき言葉ではない。

谷内氏は、これが大統領選挙で民主党側に利用されたらなどと考えないのか?恐るべき想像力の欠如と傲慢さだと言われかねないふるまいだ。

習近平国賓検討は昨年の早めから検討していた、などとも暴露!日中首脳会談をぶち壊したいのか?

習近平の国賓待遇も同様だ。現在、日中間の第五の文書の内容やそもそもそれを策定するか、日中の諸問題についての神経戦が続いている。

尖閣諸島への侵入も続いている。武漢の邦人の救出といまだ現在進行形の交渉だ。それも、厳重封鎖中の武漢に日本のチャーター機を受け入れさせ、封鎖中の道路を使い日本国民を空港まで導き、また、それまでにマスクや食料などの支援物資を人民解放軍によって日本国民に届けさせるという、非常に神経質な交渉を行っているのだ。

なのに、もし、この谷内氏のくだらない自己顕示欲を満たすための自慢話で中国側を刺激し、交渉がつぶれて、武漢の日本国民が感染したり、死亡したら、谷内氏はいったいどのような責任を取るのか!?

まったく度し難い人物というほかない。谷内氏は東大出身の外務省のエリートという上級国民なので、まったく気にしないのかもしれないが、このような人物が「解任」されたことは幸いというべきだろう。

日露交渉までぶち壊しかねない谷内氏の暴露!プーチン大統領も再び激怒か!?

谷内氏と言えば、勝手に「返還後の北方領土に米軍が駐留する可能性はある」と返答をして、プーチン大統領に「シンゾウは何を考えているのか?」と不信感を与え、北方領土交渉を一時ぶち壊したとされることでも知られている人物だ。

その彼は、得意げに以下のように日露外交の内幕を暴露した。

谷内前安保局長「まず無条件で平和条約を結ぶ。領土とか何も書いていない、きれいなことだけ書いた平和条約を結んで、そのうえで領土問題をやろうという二段階論。展望がなかなか開けない

(中略)

谷内氏は、ロシア側が交渉に「以前より後ろ向きだ」と述べ、その背景として、アメリカとの関係悪化があると指摘した。

引用元 谷内正太郎前安保局長 日ロ「展望が開けない」

最低最悪のデマだ。先日、谷内氏の後任である、「諜報と外交のプロ」の新国家安全保障局長北村滋氏は、谷内氏ができなかったプーチン大統領との異例の面談を果たし、領土交渉継続の言質を得ているのに。

しかも、谷内氏の発言は、北海道新聞によって、安倍政権の説明が嘘だったことが証明されたと利用させる始末。(参考

いったい何を考えているのかと言いたくなる。


かつて、韓国のKCIA工作員との親密交際が文春に報じられた谷内氏。一旦ポストを離れれば、外交交渉の機微にわたる部分も易々と暴露し、国益を考えているとは思えない。

これでは、もはや「外務省の前川」と言うほかない。こんな人物が外交を牛耳っていたとはゾッとすることだ。お辞めいただいて国民にとっては大正解である。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧