• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 珍説!安倍総理の記者会見に対し、福山「いつコロナが収束するか言え!」→ 全世界が知りたいよ!、蓮舫「カメラ目線でやれ!」→ 自虐ネタですか?、舛添「やらせだろ!」→ 岩上安身が親安倍とかギャグですか?

珍説!安倍総理の記者会見に対し、福山「いつコロナが収束するか言え!」→ 全世界が知りたいよ!、蓮舫「カメラ目線でやれ!」→ 自虐ネタですか?、舛添「やらせだろ!」→ 岩上安身が親安倍とかギャグですか?

3月14日の感情のこもった、真摯で丁寧な安倍総理の52分間の記者会見。そして岩上安身のような反政権のデマを広げてきた人々にも記者会見で応じた。

見えない敵と立ち向かうリーダー像を自ら示し、「ワンチームで乗り越えたい」など情熱的な言葉で頼もしさをも示した。減税を含む大型経済政策も示唆し、今後の安倍政権のコロナと不安におびえる人心との戦いに期待が向く。

そんな中、総会屋のような野党の皆さんは懲りずに自爆ギャグの活動に余念がない。立民の福山幹事長、蓮舫参議院議員、史上最低の都知事の舛添要一氏が珍説でいちゃもんを付け始めたのだ。

抱腹絶倒の自爆ギャグをご紹介しよう。

福山幹事長「首相は、いつコロナの感染が収束するか説明しろ!」 → 全世界が知りたいですよ!! 「国民は不安だ!!」→ 支持率半減した立民の自虐ネタですか?

3月14日、安倍総理の記者会見を受けて、福山幹事長も対抗したかったのか、記者会見を開き、コメントした。

野党は14日、新型コロナウイルス感染が終息する見通しに言及しなかった安倍晋三首相の記者会見を「国民の不安に全く応えず、ますます不安と混乱を大きくする」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と批判した。改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を回避するよう求める声も出た。

福山氏はコメントで「感染がいつ終息するのか、一斉休校やイベント中止要請がいつまで続くのかの見通しを明らかにしなかった」と指摘。

引用元 野党「国民の不安高める」 終息予測回避を批判

ツッコミどころ満載だ。こんな桜ばかりを騒ぎ立て、いまだにまともな代案も出せないポンコツ野党の方が、国民の不安をあおっているのは確かだろう。

実際、3月13日の時事通信社の調査では、立憲民主党の支持率は前回の5.6%から3.5%にほぼ半減した。自民党は0.3%減少し24%だった。

福山さん、さすがに算数は出来ますよね。支持率少なくなっているのはあなた何ですよ。支持率が少なくなったということは、「あなたが何もやらないので、人々はあなたにお願いしても意味がない」と思ったと言うことです。

いったいどちらが国民の不安をあおり、見放されているかは一目瞭然だ。

しかも、福山幹事長は、いつ感染が収束するか示せ、などと無茶苦茶なことを言い出した。原発事故の収束時期を示さなかった菅直人政権の大幹部とは思えない発言だ。そもそも、このコロナウイルスの鎮静化する時期は、全世界中の人物が知りたがっていることだ。

医者ですらはっきりわからないことが、政治家がわかるわけもなく、言わんや福山幹事長ごときがわかるのか。冗談も休み休み言っていただきたい。

蓮舫参議院議員「カメラ目線でやれ!」→ 自虐ネタですか?

3月14日、蓮舫参議院議員は以下の投稿をした。

第一声が内容ではなく、印象論である時点で、蓮舫氏には安倍総理の記者会見の中身に文句を付けられなかったことがよくわかる。

つまり、印象操作やぱっと見の外見でしか批判できないのが蓮舫氏なのだ。まるで優良企業をいじめる総会屋のような振舞だ。

子ども国会議員からも「蓮舫さんは他人を非難をしてばかり」と言われる始末。

そもそも、カメラ目線であればなんでもいいというのでは、さすが、東日本大震災に防災服のエリをおったてて、東日本大震災の直後の会議に出ていた蓮舫さんらしい発言だ。

舛添要一「やらせだろ!」→岩上安身氏が親安倍とかギャグですか?

史上最低の都知事として名高い舛添要一氏。その彼もいちゃもんを付けた。会見の質疑がやらせだったというのである。

あまりにも低レベルだが、それならば日本人がイスラム国の人質になった際に、安倍総理が辞職して人質を解放してもらえとゲストにしゃべらせて煽った岩上安身氏のような人間が質疑できるのか。

そもそも現場に参加し、質問したジャーナリストの安積明子氏も指摘しているように、動画を見ればわかるが、総理はメモを読んでいない。そして、事前通告もしていない。

舛添氏は何か幻覚に取りつかれているとしか思えない。
そしてご自身が不正によって都知事をクビになったことをしっかりと思い出していただきたい。こんなクズのコメントをありがたくいただくメディアもクズだ。

元民主党議員の千葉市長は安倍総理の会見を絶賛!!

一方、コロナ対応で名を上げている千葉市長の熊谷俊人氏は、元民主党衆議院議員だが、安倍総理の記者会見を絶賛している。

これが普通の感想であろう。批判するにしてもポイントがずれているのが、福山幹事長、蓮舫議員、舛添氏なのだ。

こんな人たちに振り回されないように気をつけなければならない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧