• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 孫正義氏、マスクを100万枚購入へ! → 今度は買占めで他国や我国のマスク不足を助長か? 社員からは「非正規は出社させられているのにマスクすらない」と悲鳴!!

孫正義氏、マスクを100万枚購入へ! → 今度は買占めで他国や我国のマスク不足を助長か? 社員からは「非正規は出社させられているのにマスクすらない」と悲鳴!!

孫正義氏は、本当にろくなことをしない。

東日本大震災時、「原発事故で日本が滅びる」というようなメッセージを出して、日本経済を破壊し、菅直人と結託してソーラー発電所で荒稼ぎし、ソーラー大災害を引き起こした孫正義氏。勝手に韓国に原発事故を謝罪したのも彼だ。

その孫正義氏がPCR検査キットを100万単位で寄付すると思い付きとしか思えない発言を行い、「医療崩壊させるきか!」「検査技師が過労死する!」と撤回に追い込まれた。

そして、彼が代わりに言い出したのが、海外の工場に発注してマスク100万枚を介護施設と開業医に寄付することだ。しかし、これもPCR検査に比べればマシだが、同じく弊害ばかりだったのだ。

孫正義氏、PCR検査普及計画を断念!次の思い付きは…!

3月10日、孫正義氏は、こんなことを言い出した。まずは、100万人、つまり、100万単位でPCR検査を配布すると大暴言したのだ。

これに対し、経済学者で言論プラットフォーム「アゴラ」を主宰する池田信夫氏が猛批判を行った。

まさに池田氏の主張の通りだ。PCR検査は大変手間がかかる上に、的中率が低い。インフルエンザ検査のようなノリではできないのだ。しかも、検査技師の数には限りがあり、過労死しかねない。

孫正義氏の上記投稿には9000近い批判のコメントが集中し、孫正義氏は方針転換を示唆した。

そうすると、1.8万ものさらなる批判が殺到し、「経済対策しろ」「ウイルス学者です。やめていただきたい」「勝浦ホテル三日月にお泊り出来る券として配布しろ!」などと批判の嵐となった。

その後、孫正義氏がPCR検査キット配布計画を中止したとの報道がなされ、安心できたと思いきや、孫正義氏の名誉欲と暴走は止まらなかったのである。

孫正義氏、今度はマスク100万枚を海外の工場から仕入れて、配布すると発言!!

3月12日、孫正義氏は、今度はマスク100万枚を海外の工場から仕入れて、国内の介護施設と開業医に配布すると言い出したのである。

相変わらずの自慰行為でしかない。

孫正義氏は、海外から買うから問題ないと胸を張っているようだが、バカバカしい。日本のマスク自給率はほとんどない。つまり、孫正義氏は、我国のマスクを奪っているだけの可能性が高いのだ。

仮に日本向けの工場製でなくとも、世界中で不足しているのだから、今や感染者数では世界17位の我国よりも悲惨な状況の国家から取り上げることになるのは間違いない。つまり、他国のマスク不足に拍車をかけるだけなのだ。

しかも、マスクの原価は1枚5円程度であろう。つまり、孫正義氏は500万円程度しか懐が痛まないのだ。なんとみみっちい男か。さすが東日本大震災後に、私財の100億円を寄付すると言いながら、40億円を、自分がトップを務め幹部はソフトバンク出身者の組織に拠出しただけのことはある。

もし、孫正義氏が本当に社会貢献したいのならば、「やりましょう。マスク工場建設。加えてマスク製造要員を緊急募集します。履歴書確認して今回のコロナ恐慌で失業した方を優先的に雇用する方針」というべきだったのだ。

それをたかが500万円程度の出費で、他国なり我国のマスクを食いつぶして、どや顔をする孫正義氏は、まったく度し難い。

なお、社員からも以下のツッコミを受けているが、まさにその通りだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧