• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 共同通信、午前中に私邸にいただけで「安倍首相、半分夏休みモードに」と報道 → 私邸にいれば仕事してないの?仮に休んでいても過労死するまで働けばいいの? ちなみに米大統領は毎日私邸ですよ!

共同通信、午前中に私邸にいただけで「安倍首相、半分夏休みモードに」と報道 → 私邸にいれば仕事してないの?仮に休んでいても過労死するまで働けばいいの? ちなみに米大統領は毎日私邸ですよ!

連日、ぼろを出しまくりで大炎上中の共同通信がまたやらかした。

総理大臣がたった二日間、私邸にいただけなのに、「安倍首相、半分夏休みモードに」などと報じたのだ。しかし、安倍総理が私邸にいても仕事をしていることは過去の例からも明らかだ。仮に休んでいたとしても、午前中休めば夏休みなのか?それがいけないことなのか?

正直、まとめサイトですか?と突っ込みたくなるレベルの共同通信のメチャクチャな記事をご紹介しよう。

毎度の共同通信の珍記事。

共同通信、午前中に私邸にいただけで「安倍首相、半分夏休みモードに」と報道

7月28日、共同通信は以下の記事を配信してしまった。

安倍晋三首相が半分夏休みモードに入っている。

27、28両日は午後から官邸で執務し、28日の定例閣議も見送った。ただ東京都を中心に全国で新型コロナウイルス感染が再拡大。山梨県の別荘で静養し、ゴルフを楽しむといった恒例の夏休みの過ごし方ができるかどうかは見通せない。

首相は27、28両日の午前、東京都内の私邸で過ごし、午後に官邸へ「出勤」。28日午後は新型コロナや大雨被害に関する会議に出席し、外務省幹部らとも面会した。

引用元 安倍首相、半分夏休みモードに 別荘静養はコロナ次第

まず、冒頭から意味不明だ。

いくら夏休みを取ろうが、どうでもいい。夏休みを取らずに国が亡びるよりも、夏休みをとってもらって国を救う方がよいだろう。

国家の首脳にとっては、休養によって、頭を整理し、リラックスし、長期的な展望を考え、勉強するのがベストである。実際、夏休みを取らない首脳は、世界中見てもいない。しかも総理の長時間労働は国民も認識するレベル。過労死ラインを超えている。総理も一応日本国民の一人なのだが、その過労死はどうでも良いの?

共同通信は働きづめで発狂した首相がよいのか?何てバカなメディアなんだろう。情けなくて涙が出るほどだ。心あるメディアはすぐにでも共同からの配信を契約解除することをお勧めしたい。

これが共同通信にとって理想の総理。

むしろ、安倍総理は140日連続勤務など働きすぎであり、さっさと休養し、英気を養っていただきたい。そして、総理が休まなければ、官僚も休めない。

共同通信は、官僚の過労死をお望みなのか?素晴らしいパワハラのお考えをお持ちだ。

私邸にいれば仕事してないの?? →  過去にも私邸で仕事をしていた安倍総理!ちなみに米大統領は毎日私邸ですよ!

だいたい私邸にいれば仕事をしていないという発想自体がおかしい。共同通信はリモートワークを知らないのか?やっていないのか?今はコロナウイルス下であることを忘れたのか?

実際、安倍総理は最近も私邸で仕事をしていたことがある。

先日の熊本水害発生直前の7月3日午前4時50分、安倍総理は私邸から前日からの大雨に対する指令を各閣僚と官庁に対し、以下の命令を発した。言うまでもなく恐るべき早朝にである。

1.国民に対し、避難や大雨・河川の状況等に関する情報提供を適時的確に行うこと

2.地方自治体とも緊密に連携し、浸水が想定される地区の住民の避難が確実に行われるよう、避難支援等の事前対策に万全を期すこと

3.被害が発生した場合は、被害状況を迅速に把握するとともに、政府一体となって、人命第一で災害応急対策に全力で取り組むこと

引用元 7月3日からの大雨に関する総理指示(4:50)

しかも、命令を下したのは早朝の午前4時50分。つまり、午前3時には起きて、災害対応に関する報告を受けて、上記の指示を下したということだ。まさに自宅でも不眠不休で働いていることがわかる。

(出典 テレビ東京)

これでも共同通信は、夏休みなどというのか?発想は大丈夫なのか?後世の歴史家にどう言い訳するのか?

しかも、米大統領は、ホワイトハウスに居住し、仕事をしているが、トランプ大統領もオバマ大統領も一年中、半分夏休みモードということになるが、共同通信がそう報じたとは聞かない。大統領いつも夏休みと報道してアメリカ国民の顰蹙でも買えば良い。

やはり共同通信は、もはや左翼のまとめサイトレベルの会社なのだ。とてもクオリティペーパーとはいえない。

こんな左翼の同人誌まがいの駄文を押し付けていれば、共同通信の経営悪化もむべなるかなとしかいいようがない。最近の南彰さんを政治部に戻す朝日新聞もそうだが、東京新聞の「成功」をまねようとしているとしか思えない。

しかし、それはマニアックな激辛カレー屋の成功を見て、落ち目のカレー屋が激辛カレー屋にリニューアルするようなものだ。一部のマニア向けに媚びを売っても自壊への道でしかない。

共同さん、流石に見苦しいのでいい加減もう少しフェアに報道しないと誰も見向きもしなくなりますよ。現実毎年売り上げ下がりまくりでしょ。つまりみんなからそっぽを向かれ続けているということが分からないんですか?

政治知新は、共同通信の下品な激辛カレー屋さんへの転身を破滅への道として、心から応援しています。

心あるメディアの皆さんも共同通信社との契約はすぐにでも解除して祖国に貢献しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧