• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 大丈夫?朝日新聞の雑誌「論座」、匿名左翼アカウントDrナイフ氏による連載記事を開始!!論座寄稿者や左派からも勘弁してくれ!との声が相次ぐ始末!!でも、朝日記者は大はしゃぎ!!朝日新聞は、まとめサイトの運営を始めたの?

大丈夫?朝日新聞の雑誌「論座」、匿名左翼アカウントDrナイフ氏による連載記事を開始!!論座寄稿者や左派からも勘弁してくれ!との声が相次ぐ始末!!でも、朝日記者は大はしゃぎ!!朝日新聞は、まとめサイトの運営を始めたの?

朝日新聞による自らの権威を破壊する行動は留まらないが、ついに「ボクのアカウントは安倍批判が目的です」などと豪語する、匿名の左翼Twitterアカウントを雑誌「論座」でデビューさせてしまったのだ。

この朝日新聞の暴挙に、論座寄稿者からも「勘弁してほしい」との声が相次いでいるが、朝日新聞記者などは大喜びする始末だ。

ついに朝日新聞が、まとめサイト以下になった瞬間である。

大丈夫?朝日新聞の雑誌「論座」、匿名左翼アカウントDrナイフ氏による連載記事を開始!!

7月26日、朝日新聞の雑誌「論座」は、Drナイフを自称する、正体不明の人物の連載を開始した。ちなみに米国などではメディアでの匿名記事は基本的に認められていない。

(出典 論座)

この自称Drナイフという人物は、左派Twitterの代表格の一人ではあるが、ごらんのとおり匿名アカウントであり、社会的背景も何も不明だ。

(出典 https://twitter.com/knife900)

しかも、過去に多くの問題行動をやらかし、過去にアカウントが凍結されている。

デマに誹謗中傷と事実誤認のオンパレードだ。しかも、あの「命を選別しろ!」と主張していた大西つねき氏を擁護する投稿までしている。つまり思想的にはファシストである。

しかし、朝日新聞は、自らが発行する「論座」で、彼の連載を開始してしまったのである。

論座寄稿者や左派からも勘弁してくれ!との声が相次ぐ始末!!

これには論座の執筆者や左派からも批判が相次いだ。

例えば、同じ左派で、論座連載陣の元新潟県知事の米山隆一氏からもボロクソに批判される始末。

これは米山氏にしては珍しい正論だ。

また、同じ論座で連載中の英軍事誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員で、安倍政権に批判的な高橋浩祐氏も、論座の暴挙を批判する。これも全くの正論だ。

リベラルの立場の記者である郡司真子氏も、「論座担当者は確信犯的にジャーナリズムをつぶそうとしている」と強く批判している。まったくその通りだ。

また、経済学者で保守寄りの池田信夫氏も「朝日は一線を越えた」「内容も文体も大学1年レベルの幼稚な記事。ツイッターより長い文章を書いたことがないんだろう。」と厳しく批判している。

しかも、池田信夫氏は、もしDrナイフの中の人が反社や極左だったらどうするのかと指摘する。

この指摘は重大で、もし、彼の中身が海外の工作機関だったらどう責任を取るのか?

でも、朝日記者は大はしゃぎ!!朝日新聞さんは、まとめサイトの運営を始めたの?

一方、朝日新聞の記者は、馬耳東風の上に、大はしゃぎのようだ。

例えば、朝日新聞記者出身で、論座で連載している鮫島浩氏は、大絶賛している。

何が問題かも全くわかっていない。

だが、ことは重大である。朝日新聞は、速やかに本件に関する説明をすべきだ。近年まれにみる不祥事と言わざるを得ない。

それとも、まとめサイトに転身されるのか?それであれば、さっさと「朝日速報」だの「ろんざ!」とでも改名すべきだ。

そして最大の疑惑は、この状況を見ると、もしかしたらDrナイフ氏も実は朝日新聞がやってるもので、つまりヤラセかもしれないということだ。

朝日新聞、既にそのかつての名声は地に落ちているが、落ちるところまで落ちたことをこうした事実は示している。早々の廃刊を望みたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧