• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 悪逆!中国共産党が推し進める、時代に逆行した同化政策。ウイグル、チベット、内モンゴルが文化消滅の危機。石破さん、蓮舫さん、こんな話の通じない相手に「言うべきは言う」が通じますか?

悪逆!中国共産党が推し進める、時代に逆行した同化政策。ウイグル、チベット、内モンゴルが文化消滅の危機。石破さん、蓮舫さん、こんな話の通じない相手に「言うべきは言う」が通じますか?

同化政策というものをご存知だろうか。

同化政策とは、「植民地領有国または支配民族が,植民地先住民または国内少数民族の固有の言語,文化,生活様式などを圧殺して,自国民に同化させようとする政策。」とある(参考)

また、「このような同化政策は、被抑圧民族の民族意識や民族文化を消滅させることによって強権的支配を容易にしようとするものであった。これに対して、被抑圧民族はかえって民族意識を刺激されて民族主義運動を強め、民族解放闘争を展開するにいたった。」とも記されている。

まさに文化の破壊だ。しかし、この19世紀以前に行われた文化破壊を中国は現在進行形で行おうとしている。

(出典 ニューズウィーク)

中国共産党、ついに内モンゴルでも同化政策を開始!!

中国は、ウイグル、チベット、内モンゴルなどを自治区に治め、人権を弾圧し、国際問題として欧米諸国でも問題視されている。そして、中国は内モンゴルに対して、民族意識や民族文化を消滅させるべく、同化政策を行なおうとしている。

中国北部の内モンゴル自治区で、小中学校の授業で使う言語をモンゴル語から標準中国語に変更することにモンゴル族住民が反発し、抗議デモや授業のボイコットが相次いでいる。当局は参加者の拘束など弾圧を強めている。

(中略)

AFP通信によると、住民の1人は「ほとんどのモンゴル族は授業の変更に反対だ」と述べ、子供が母語を流ちょうに話せなくなると危惧。「言葉は数十年で絶滅の危機にひんする」と訴えた。

こうした「同化政策」は、チベット自治区や新疆ウイグル自治区でも進む。「中華民族」の結束を目指し標準中国語の浸透を図る習近平政権は異論を排除する構えだ。趙克志国務委員兼公安相は2日まで内モンゴル自治区に入り「反分裂闘争を推進し、民族の団結を促せ」と警察幹部に訓示した。

(抗議するモンゴルの人々 出典 時事通信)

引用元 中国・内モンゴル、標準語教育に住民反発 同化政策、「文化絶滅」の懸念

言葉というものは文化の象徴だ。その文化の象徴を中国は奪おうとしている。

文化への尊重もなく、民族への敬意もないのが中国共産党だ。

中国の同化政策は内モンゴルだけではない

チベットでは、中国共産党による民族同化政策で「チベット文化は風前のともしび」と訴えられている。

中国共産党政権はチベット文化とチベット仏教の弾圧政策を取り続けているが、その最終的な目的は、チベット民族の漢族への同化(民族同化)及びチベット民族の消滅だと語っている。

(チベット僧 出典 大紀元)

引用元 「チベット文化は風前のともしび」中国共産党による民族同化政策で

ウイグルでも、多くの人が収容所に送られ、洗脳教育を受けている。

ウイグル人に対する中国当局の組織的な同化政策は「人類にとって大きな恥だ」と強く非難した。

同報道官は「100万人以上のウイグル人が恣意(しい)的な逮捕の危険にさらされ、強制収容所や刑務所で拷問や洗脳を受けていることは、もはや秘密ではない」とも指摘した。

(中略)

中国は、共産党の思想や多数派である漢民族の文化と異なる新疆の少数民族たちの宗教や文化を抑圧し、少数民族を同化させようとしていると批判されている。これに対し中国側は、これらの施設は人々がテロリズムに関わらずに社会復帰できるようにするための「職業教育センター」だと主張している。

(出典 BBC)

引用元 中国のウイグル人同化政策は「人類にとって大きな恥」、トルコが非難 民謡歌手が獄中死

まさに、中国は大航海時代から19世紀の帝国主義まで行われた悪行を21世紀の現在も行っているのだ。

文化を世界遺産として、残そうとしている現代社会で、中国だけが逆行している。国際社会などの訴えにも耳を貸さない中国共産党。現地民の訴えも弾圧で処理する。もはや話が通じる相手ではない。

そんな中国を相手に、石破茂氏は「言うべきことは言う」などと、お花畑にいるような発言をしている。

石破&蓮舫さん、中国相手に「言うべきは言う」話の通じる相手と思っているのか?もっと現実を直視せよ

もはや多くの日本人が、中国共産党には話が通じないことは理解している。

前述した同化問題然り、尖閣問題然り、南シナ海の問題でも、各国の主張に耳を貸さず、無人の荒野を闊歩するかの如く、わが道を進むのが中国共産党だ。

香港の問題にしても、「従来の資本主義体制や生活様式を返還後50年間維持する」と明記した英国との合意も平気で覆した。

香港の資本主義、民主主義も当局によって破壊されるだろう。

そんな中国に対して、石破氏は「中国との関係にどういう影響を与えるかよく考えるべきだ」「礼儀は礼儀としてきちんと尽くさないといけない。その上で言うべきことは言うことが必要だ」と述べた。

また、立憲民主党の蓮舫議員も、Twitterで「国際社会から民主、自由、人権を守るよう中国当局に強く申し入れを。」と主張した。(参考

こんな暴走するファシズム国家に、言うべきを言おうが、強く申し入れをしようが、何の意味もないことは火を見るよりも明らかだ。そして、ロクに言うべきを言う、強い申し入れをした記憶がないのが、石破氏と蓮舫氏だ。

今の時代に必要なのは、安倍総理のように行動する政治家だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧