• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 「少年法“微”改正」に猛反対 「日弁連」「朝日新聞」「毎日新聞」の加害者保護 

「少年法“微”改正」に猛反対 「日弁連」「朝日新聞」「毎日新聞」の加害者保護 




 なぜ、「彼」を野に放ってしまったのか――。8月28日に起きた福岡「美女殺人」を考えるにつけ、その疑問は日増しに膨らむばかりである。

「少年院って一体、どうなっているんだろうと思ってしまいます」

と言うのは、少年犯罪被害当事者の会の武るり子・代表。武代表は、24年前、16歳の少年に長男を殺された遺族である。

「普段、“少年院の教育は素晴らしい”と言っている人たちは、あれを見てどう思うのでしょうか。ぜひ聞いてみたいですよ……」

少年院から仮退院してわずか2日後。加害者・中学3年生の「少年A」は、ショッピングモールで偶然見かけた被害者・吉松弥里さん(21)にわいせつ目的で近付いた。が、抵抗されたため、予め準備しておいた包丁で滅多刺しに。更に、逃亡を図り、「人質」として6歳の少女にも刃を向けた――現在、判明している事実だけ見ても、短絡、衝動的な犯行の一方で、計画性と悪賢さも見て取れる。

なぜ保護当局は、この少年を「更生した」と判断したのか。少年院のあり方、つまり少年法の存在意義が問われることは間違いなく、これぞ以下に述べる、現在の法改正の方向を嘲笑うかの事件なのである。

この7月に自公両党が「与党案」を出したのに続き、8月、法務省の諮問機関「法制審議会」が要綱を提示した、少年法の改正論議。これを受け、次の通常国会にも改正案は提出、可決される見通しとなっている。

「改正」のポイントは、「少年法の適用年齢は20歳のまま引き下げない」「18~19歳の少年の事件はこれまで通り、全件家庭裁判所に送る」点は従来と変わらないまま。一方で、18~19歳が起こした事件について、「家裁から検察に送る『逆送』の範囲を、『1年以上の罪』に拡大する」「これまで禁止されていた『推知報道』(人物が特定できるような報道)を、起訴後に限り解禁する」といった手直しも示された。これを、

「進歩した面はありますが、それ以上に残念な面が多い」

とは、法制審のメンバーでもある前出・武代表。

そもそも今回の改正の出発点は、選挙権付与や、民法上の成年年齢が18歳以上に引き下げられたのに伴い、少年法の適用年齢もそれに合わせ、権利と責任のバランスを取ることだった。しかし、その肝の部分は骨抜きにされ、「厳罰化」に留まるだけ。「改正」というより、「“微”改正」といった評価が妥当である。

「日常では大人の権利が与えられるのに、罪を犯した時だけは相変わらず『少年』では納得できないし、彼らにも誤ったメッセージを発してしまう」(同)

戦後70年以上、動かなかった対象年齢に手を付ける、絶好の機会を逸したのである。

(略)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc09c36601ed0c3dcdf308bdf38136e7dac96674




ネットの反応(引用元
弁護士は弁護を引き受けた人を無罪にする義務があるんだろ
こんな規定があるから、「少年法“微”改正」や監視カメラ設置に反対意見が出る

この義務を変えない限りどうしようもないことじゃないのか

少年院内での知り合いが半ぐれチームになる
普通の刑務所に準じた施設と行動様式にした方が良い
日弁連は解散しろ!
朝日・毎日は倒産しろ!
まるで刑務所の出所者は再犯を起こす事はあり得ないような言い方だが
日弁連、朝日新聞、毎日新聞ったー
ガチで反政府勢力やんw
反日三羽烏が見事に揃ってますね
反日三羽烏が見事に揃ってますね
日弁連は犯罪者の味方だからこんな反社的組織は解体するべき
こいつらの加害者の人権を主張にはうんざりだ
朝日の言ってることの逆が正しい
被害者の人権を軽視し、何よりも加害者の人権を尊重する
その思想にはついて行けんな








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧