• HOME
  • 記事一覧
  • 地方議員 , 政治ニュース
  • 大爆笑!「習近平先生が喜んでくださいました」発言の川勝平太・静岡県知事、学術会議問題で「菅は教養がない!学問してない!日本に泥を塗った!」と珍説を展開!!リニア妨害だけでなく、軍事研究妨害ですか?習近平先生も大感激ですね

大爆笑!「習近平先生が喜んでくださいました」発言の川勝平太・静岡県知事、学術会議問題で「菅は教養がない!学問してない!日本に泥を塗った!」と珍説を展開!!リニア妨害だけでなく、軍事研究妨害ですか?習近平先生も大感激ですね

リトマス試験紙となった学術会議問題。

さすがは菅総理の手腕と言ったところだが、学術会議問題で野党やメディアに強力な援軍が参陣した。静岡県の川勝平太知事である。

彼は毛沢東選集を愛読し、一国二制度を激賞し、「習近平先生が喜んでくださいました!」などと21世紀最悪の虐殺魔・習近平を絶賛する人物だが、その彼が高圧的かつ増上慢な態度で菅総理を公然と罵倒し始めたのである。

まるでリニア妨害だけでなく、我国の軍事研究を妨害する学術会議を守りたいかのように。

大爆笑!川勝平太・静岡県知事、学術会議問題で「学問立国である日本に泥を塗った。汚点だ」とスーパー珍説を展開!!学術会議による北大の研究断念強要こそ汚点では?

11月7日、静岡県の川勝平太知事は、記者会見を開き、以下のように述べた。

静岡県の川勝平太知事は7日の記者会見で、日本学術会議が推薦した会員候補の任命を菅義偉首相が拒否した問題に関し「学問立国である日本に泥を塗った。汚点だ」と批判した。

引用元 静岡知事「学術会議人事は汚点」

無茶苦茶だ!

なぜ、学術会議のろくに査読論文を最近は書いておらず、政治活動に熱心な珍学者6人を、特別職国家公務員にすることを菅総理が法に基づいて判断したことが、我国に泥を塗ったことになるのか。

しかも、学術会議は北海道大学が防衛省の助成を受けて、民生技術の研究を行おうとしたことを北大総長室に押しかけてまで断念させたというではないか。これこそ「学問立国である日本に泥を塗った。汚点だ」と評価すべきであろうに。

川勝知事の評価基準はおかしいとしか言いようがない。

王毅外相と嬉しそうに対談する川勝知事。

川勝知事、学術会議問題で「権力が介入したら、御用学者ばかりになる」「教養のレベルが図らずも露見した。学問をしてきた人ではない」と差別発言!!

しかも、川勝知事は、さらに無茶苦茶なことも主張していた。。

「(人選に)権力が介入したら、御用学者ばかりになる」と指摘し、政府は任命を拒否した理由をはっきり説明すべきだと強調した。首相に対しては「教養のレベルが図らずも露見した。学問をしてきた人ではない」と語気を強めた。

引用元静岡知事「学術会議人事は汚点」

権力が介入したら、御用学者ばかりになる!?

それは学生運動出身説もあり、毛沢東選集を愛読しながら、第一次安倍政権の「美しい国づくり」企画会議メンバーに保守であるかのように参画しながら、その後民主党の支援で静岡県知事になり、中国に媚び諂ってきた川勝知事ご自身の人生への壮大な自虐ネタなのか?

そもそも、学術会議は、今度の拒否された6人もそうだが、野党の御用学者ばかりだ。我国の軍事研究を禁止しながら、中国などへの技術流出は放置する姿は、中国や北朝鮮の事実上の御用学者という誹りも免れないだろう。

(出典 毎日新聞)

そんな政治的に偏った学術会議の不適切な現状を改革したいと願ったのが、菅総理である。学問を大事にし、国民の生命財産を守りたいと願うからこそ、学術会議の改革に踏み切ったのである。でなければ、最初から放置していただろう。

しかも、川勝知事は、法政大学を苦学して卒業した菅総理に対し「教養のレベルが図らずも露見した。学問をしてきた人ではない」などと侮辱した。高等教育を受け、卒論も書いた菅総理に対し、これは誹謗中傷である。

経済史が専門のくせに、武士道が韓国発祥だの、藤原不比等は韓国の王子様だのと珍説連発の川勝知事こそ、基礎的教養が欠如しているだろうに。

「習近平先生が喜んでくださいました」発言の川勝知事、リニア妨害だけでなく、軍事研究妨害ですか?習近平先生も大感激ですね

さて、この川勝知事は我国随一の親中政治家だ。

例えば、2012年、静岡県知事の川勝平太氏は、中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹誌の取材に応じ、当時、国家主席就任直前であった、習近平氏との熱き絆を語った。

2010年の上海万博には、県民の千分の一、富士山の標高と同じ3776人で行く計画を立てました。

浙江省の書記をされたことのある習近平先生にそれをお話しましたら、大変喜んでくださいました。

引用元 静岡県の川勝平太知事インタビュー

人権蹂躙の虐殺ファシストの習近平に「先生」という敬称をつけ、「大変喜んでくださいました」などと主張するのは、天下に川勝知事ぐらいであろう。まさに現代のヒトラーに媚び諂い、静岡県の名誉に泥を塗っている。

しかも、川勝知事は「有言実行」のようだ。週刊新潮は川勝知事に対し、「リニア新幹線を通せん坊している」と評したが、実際、川勝知事はあの手この手でリニア新幹線を妨害している。ちょびっとしか静岡県を通らず、大阪、神奈川、山梨、長野、岐阜、愛知など関係する自治体がすべて賛成しているのに、だ。

そして、今、中国は我国を追い出すべく、必死にリニア新幹線を開発中であり、我国のリニア新幹線を運用するJR東海の葛西会長は財界一の反中親米だ。

これは想像に過ぎないが、こうした状況証拠を見ると、まるでリニア妨害の次は、軍事研究禁止を護持したいのですか?と聞いてみたくなってしまう。

川勝知事は、管轄外の学術会議問題に口を出すのは結構だが、学術会議が軍事研究禁止を継続してきたことで衰えた静岡県の技術力、そして、中国に静岡県の技術が流出していることをどう考えているのかこそ、まっさきに語るべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧