• HOME
  • 記事一覧
  • 地方議員 , 政治ニュース
  • 静岡県の川勝知事「発言は撤回しない!県民は誤解している」 → 川勝知事の教養溢れるご発言を、馬鹿な大卒以下の私たちが理解できないんですよね?一方、県民も知事の差別発言に怒る!!県内の大学教授も政府が正しいと知事に異論!

静岡県の川勝知事「発言は撤回しない!県民は誤解している」 → 川勝知事の教養溢れるご発言を、馬鹿な大卒以下の私たちが理解できないんですよね?一方、県民も知事の差別発言に怒る!!県内の大学教授も政府が正しいと知事に異論!

ついに川勝平太・静岡県知事の暴走に光が当たり始め県民も気がつき始めた。そして、ついに県庁への批判やメールは1101件を超えた。県民もテレビで川勝知事を批判し始め、県内の大学教授も政府の判断を肯定する意見を述べ始めた。

そんな中、焦ったのか川勝知事は「県民は誤解している!学歴差別はしていない。だから発言は撤回しない!」と見苦しい言い訳を展開中だ。1101件も抗議が来ているのに、居直っているのだ。一応、撤回もどきを本日したようだが、後日指摘するように、これはちゃんとした撤回でも謝罪でもない。

しかし、これは裏を返せば、川勝知事の高尚なご意見を理解できない県民に責任を転嫁し、県民が無知蒙昧だとする最低の侮辱である。

静岡県の川勝知事「発言は撤回しない!県民は誤解している」 → 川勝知事の教養溢れるご発言を、馬鹿な大卒・高卒・中卒の私たちが理解できないだけですよね?

10月15日までに、川勝知事への抗議の電話やメールは、1101件を超えたと静岡放送は以下のように報じた。

これまで静岡放送や静岡新聞など、県内メディアは川勝知事へのよいしょ報道や擁護ばかりで、県民に対し率直に真実を報じてこなかったが、「学歴差別発言」でもはや庇い切れなくなったようだ。

しかし、傲岸不遜を絵にかいたような川勝知事はどこ吹く風。

10月12日の記者会見では、川勝知事は誤解だ!誤解だ!と開き直った。

静岡県・川勝平太知事 「学歴じゃなくて、学問のことを言っているんです。

引用元 学術会議の任命問題巡る発言 静岡・川勝知事「訂正する必要はない」

朝日新聞の報道でも、川勝知事とその茶坊主である県幹部どもは、裏では以下のように誤解だぁあああと開き直っているという。

これに対し、川勝知事は「私は反学歴主義者だ」と反論しているという。県幹部は「知事の真意が伝わっていない。政治は学問に介入してはいけないという文脈だ」と危惧する。

引用元 静岡知事に「学歴差別だ」 学術会議めぐる発言に批判

この川勝知事らは、いつもこうだ。自民党にごろつきの集団と言った時も、リニア問題でも、川勝知事は「誤解だぁああ」と逃げる。

8年間で41人、その後も多く生まれた静岡県職員の自殺者も誤解なのか?自殺した人間は誤解したとでも言うのか?

そして、もっとも重要なのは、川勝知事が誤解だと主張していることだ。誤解と言うのは、相手が正しく、真意を理解していない。つまり、相手が理解できないのが悪いのだ。つまり、最初の川勝知事の発言と合わせると、博士号の川勝知事の発言を理解できない、大卒・高卒・中卒の私たちが馬鹿だから悪いということになる。

やはり、川勝知事は私たちをバカにしているのではないか?その証拠に、川勝知事は自らの発言に対する謝罪をまったくしていない。ふつうは、誤解を与える発言があっただの、稚拙な言い方をしただのの発言があってしかるべきである。

しかし、川勝知事はそれをしない。市民を学歴差別で見下しているとしか思えない。

一方、県民も知事の差別発言に怒る!!県内の大学教授も政府が正しいと知事に異論!

こうした川勝知事の暴虐な姿勢に、県内の普通の県民や川勝支持者からも批判が相次いでいる。

静岡放送が町の意見を聞いたところ、以下のような反応であった。

もはや普通の県民からも支持者からも「静岡の恥」だのと言われるのが、川勝知事だ。

また県内の大学教授からも、菅総理の判断を支持し、川勝知事の主張を間違いとする声も上がっている。例えば、木村通男教授は、手続きとして問題がなく、大事なのは、社会をよくするために行政と学者が独立した関係を作ることだと指摘する。

まさにその通りだ。徹頭徹尾、川勝知事は、学問をコケにしているだの、学問を重視していないだの、お前は教養がないだの、社会をよくするというよりも、よくわからないしょぼいプライドの話ばかりだ。

やはり川勝知事には公人たる資格はない。

今まで、このような暗君・川勝知事の実態は、地元メディアが隠ぺいし、悪の企業JR東海と戦う英雄であるかのように印象操作してきた。

しかし、ついに彼らでさえ、川勝知事を庇い切れなくなっている。あと一息で悪政を打倒することが出来るのである。このまま静岡を悪政から解放する、最後の勝利の瞬間まで、がんばろう!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧