• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 原口一博議員「何をおっしゃっているのか分からない!あなたね、非常にコミュニケーション難しい方なんです」と女性官僚にパワハラ!!官僚は議員の下僕でも部下でもありません!ただ威圧するだけの野党合同ヒアリング!!

原口一博議員「何をおっしゃっているのか分からない!あなたね、非常にコミュニケーション難しい方なんです」と女性官僚にパワハラ!!官僚は議員の下僕でも部下でもありません!ただ威圧するだけの野党合同ヒアリング!!

騒ぐことだけが取り柄の野党。その野党が国会開会中、閉会中を問わず、パフォーマンスの場としてきたのが「野党合同ヒアリング」である。

現在、学術会議だけでなく、観光支援事業のGoToトラベルについても、このつるし上げショーとしか思えない「野党合同ヒアリング」は実施されている。そのGoToトラベルの野党合同ヒアリングで、野党議員の官僚への威圧的な言動が物議をかもしている。

官僚を威圧し、ストレスでも発散しようというのか。いつまで経っても成長しない野党の姿がそこにはあった。

ヒアリング実施!しかもネタ元は、毎度恒例の週刊文春…

合同ヒアリングが仕事の様相を呈している野党のみなさん。GoToトラベルをめぐって開催された野党合同ヒアリングでは、質問で飛び出したのは、10月22号の週刊文春の話だった。

週刊紙をネタに、質問するその姿勢だけは、過去から現在に至るまで一貫している。

文春さんのネタをもとに、官僚に対して質問を行った野党だが、毎度恒例ながら、官僚を威圧する態度に出たのだ。

(略)

観光庁担当者: 事務局の職員さんについては、国費は直接流れない。あくまで私たち事務局を通じて各会社にお支払いするので、個人の方が、事務局職員の方が会社から給料をもらい、そして観光庁から人件費相当分をもらう、ということはないということを、ちょっと言葉足らずで恐縮ですけれども、説明させていただいている。

原口氏: 何をおっしゃっているのか分からない。じゃあ、この方々には、国民の税金は入っていないということでよろしいですね?

観光庁担当者: これはあくまでも計画上の積み上げの数字を、ということですので…。

原口氏: あなたね、非常にコミュニケーション難しい方なんですけれども…。簡単なことを聞いてるんですよ。

(略)

(出典 J-CASTニュース)

引用元 1日4万円は「良心的」指摘も… 野党のGoTo「日当追及」は、「国民の理解」得られますか

野党からの質問に対して、丁寧かつ真摯に答える官僚に対して、原口氏は、「何をおっしゃっているのか分からない。」「あなたね、非常にコミュニケーション難しい方なんですけれども…。」と言い放ったのだ。

海外で活躍するGONZO氏も指摘しているように、以下の動画でも確かめていただければわかるが、原口氏は官僚の指摘を理解する気がないか、能力がないかのどちらかだろう。

原口氏の言い方は、完全なパワハラだ。

そして、野党の治らないパワハラ気質に対して動いたのが自民党・公明党の与党だ。

担当者の負担軽減へ!!「ヒアリング」の見直し方針を確認!!

パワハラが横行する野党合同ヒアリング。「国のために仕事をしたい」と思い、官僚になったにも関わらず、野党からパワハラを受けまくっていたら、官僚の心身が病んでしまう。

そこで対応に乗り出したのが自民党と公明党の与党だ。

自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長らは21日、東京都内のホテルで会談し、与野党が各省庁の担当者を国会などに呼んで行う「ヒアリング」のあり方を見直す方針を確認した。担当者の本来業務に支障をきたしているためで、野党にも改善に向けた協議を呼び掛ける。

同席した自民党の森山裕国対委員長は会談後、記者団に「役所の本来の職務に支障をきたすことがあるのではないか。精神的に非常に負担を感じ、役所を休むことも起きているように聞く。立法府として考えなければいけない」と述べた。

(出典 産経新聞)

引用元 省庁担当者呼び出す「ヒアリング」の見直し方針確認 与党 

注目すべきは、自民党の森山国対委員長の発言だ。

森山国対委員長によると、霞が関では精神的に非常に負担を感じ、役所を休むことも起きているというのだ。

野党によって頻繁に行われる野党合同ヒアリング。それによって役所を休むことがある。もはや労災だ。

野党のみなさんは、パワハラについての講義を受け、自身の行いを反省するべきだ。そして優秀な官僚の能力を、国のために使うためにも、「ヒアリング」の在り方の見直しが急務だ。

野党のみなさんは、パワハラについての講習を受け、自身の行いを反省するべきだ。

(出典 NHK)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧