• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 日本弁護士連合会も参戦!日本学術会議会員任命拒否が「三権分立に関わる問題だ!」と大珍説!日本学術会議会員任命問題は、珍説の展覧会だ!

日本弁護士連合会も参戦!日本学術会議会員任命拒否が「三権分立に関わる問題だ!」と大珍説!日本学術会議会員任命問題は、珍説の展覧会だ!

「学問の自由の侵害だぁぁぁ!」と野党が騒いでいた日本学術会議の会員任命問題。騒ぎ始めたはいいが、決め手を欠き、実際は追いつめられているのが野党だ。

(出典 毎日新聞)

全くもって、「学問の自由」の侵害に当たらないにもかかわらず、騒いだ野党だが、最近では「学問の自由」というワードすら使わなくなった。それも当然だ。ただの特別職国家公務員の任命の問題だからだ。

実際、菅総理と面会した日本学術会議の梶田会長は、任命拒否された6人の任命を、菅総理に求めることはしなかった。その上で梶田会長は「未来志向」で菅総理と面会をしたのだ(参考)。

つまるところ、日本学術会議の件は、左派の連中が騒ぎ立てただけの話だ。しかし、終わりを見せている問題に急遽参加した団体がいるのだ。それが日本弁護士連合会、通称・日弁連だ。

日本弁護士連合会は、野党も顔負けするような珍説を繰り出し、菅政権批判をしたのだ。

日本弁護士連合会が声明を発表!!遅すぎませんか??

政府を批判できるネタとして、野党、そして左派メディアが掻き立てた日本学術会議の件。野党、そして左派メディアの勢いがなくなってきたところに参加したのが日本弁護士連合会だ。

日本弁護士連合会は、遅れながら今回の件に参戦し、野党ですら言うのを止めた「学問の自由」を主張し始めた。周回遅れもいいとこだ。

日本学術会議が推薦した新会員候補者6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題で、日本弁護士連合会(荒中会長)は10月22日、「日本学術会議会員候補者6名の速やかな任命を求める会長声明」を発表した。

声明は「今回の任命拒否及びこれに関する政府の一連の姿勢は、学問の自由に対する脅威とさえなりかねない」と批判。

(略)

(日本弁護士連合会会長 荒氏  出典 時事通信)

引用元 日本学術会議問題で、日弁連が批判声明「学問の自由に対する脅威」「速やかに6名の任命を」

法律のプロである弁護士、その強制加入団体で、トップに君臨する日本弁護士連合会が、まさかの主張だ。

「学問の自由」と全く関係のない問題に対して、「学問の自由」を主張する姿は、まるで野党そのものだ。

さらに日本弁護士連合会はとびっきりの珍説も披露した。

松宮教授を超える大珍説を日本弁護士連合会がぶち上げる!「三権分立に関わる問題!!」

日本弁護士連合会が、野党と同じ「学問の自由」を持ち出して声明を発表。日本弁護士連合会が野党と同様のレベルなのかとがっかりした人も多いはずだ。

政府批判をする人たちは、珍説で政府に対して必死に抵抗してきた。任命拒否された当事者の1人、松宮教授もその一人で、自分たちは多数意見を代弁していたとの珍説を炸裂させていた(参考)。

しかし、だ。さらに驚天動地な珍説を唱えたのが日本弁護士連合会だ。

それは、日本学術会議の件を「三権分立に関わる問題」と指摘したのだ。

(略)

さらに「政府は、人事の問題であるとして、任命拒否についての具体的説明を避けている。しかし、問われているのは人事にとどまる問題ではなく、憲法の根本原則である三権分立に関わる問題」だと指摘した。

(略)

(出典 政治ドットコム)

引用元 日本学術会議問題で、日弁連が批判声明「学問の自由に対する脅威」「速やかに6名の任命を」

???

なぜ三権分立に関わる問題なのか。三権と言ったら司法・立法・行政だ。特に司法との関係で、いつ菅政権が問題を起こしたのか、全くもって見当外れもいいところだ。本当に法律の勉強を大学でしてきたのかと申し上げたい。

野党、そしてこの度の日本弁護士連合会の声明もそうだが、火のない所に大火災を起こそうと必死のようだ。

野党と日本弁護士連合会は、同様に「学問の自由」や「三権分立」といったシンボリックな言葉を使って、国民を煽動しようとしている。

日本学術会議の件で、雨後の筍のように、さまざまな団体が声明を出した。今回の件をフィルターとして使えば、赤化した団体が見えてくるはずだ。その最たる団体が日本弁護士連合会だ。

(政治活動に熱心な日本弁護士連合会  出典 サンケイビズ)

弁護士として司法制度に対して提言を出すならいざ知らず、日本弁護士連合会は、政治活動に対して非常に熱心だ。日本弁護士連合会は日本学術会議と同様に歪んだ選民思想でもお持ちなのかも知れない。

政府活動のため、政府批判のために大珍説を唱えた日本弁護士連合会。弁護士の名が廃る行為は一刻も早くやめるべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧