• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 立憲民主党、高井たかし議員を即座に除籍したものの、石川大我議員は無罪放免。青山議員や書類送検の初鹿議員は放置の過去!一方、飲酒丸山議員には辞職勧告決議!高井議員だけかわいそう!全員粛清しろ!

立憲民主党、高井たかし議員を即座に除籍したものの、石川大我議員は無罪放免。青山議員や書類送検の初鹿議員は放置の過去!一方、飲酒丸山議員には辞職勧告決議!高井議員だけかわいそう!全員粛清しろ!

前科か特殊性癖がなければ立候補できないといわれる、立憲民主党。過去にはネット右翼の落合洋司氏を参議院議員候補、イイダツヨシ氏を神奈川県議候補にして取り消した挙句、神谷だいすけ氏に至っては市議に当選させてしまった。

このように、なんの規律もなく、はちゃめちゃな立憲民主党だが、今回の事件は特大だ。緊急事態宣言下にもかかわらず、高井議員が歌舞伎町のセクキャバで違法なサービスを受けたり変態プレイを実行、石川議員は新宿二丁目では警官相手に恫喝、大暴れ疑惑がでている。

しかし、処分されたのは高井議員だけで、石川議員はおとがめなし。しかも、高井議員は、過去の書類送検された議員よりもはるかに重い処分という不思議なご判断がなされた。

立憲民主党、高井たかし議員を即座に除籍も、石川大我議員は無罪放免!!

こういう時だけ対応は早いのか、枝野代表と福山幹事長がお詫び動画を投下し、高井たかし議員は除籍された。要するに粛清である。

立憲民主党の高井崇志衆議院議員が、緊急事態宣言が出されたあとに新宿・歌舞伎町のセクシーキャバクラといわれる風俗店に行っていた問題で、除籍処分となった。

引用元 高井崇志議員 緊急事態宣言後に風俗店 立憲民主が除籍処分

しかも、抜きありの違法サービス店である。そして、高井議員はそこで、「SMプレイしたい!もっとふんで!」「変態は最高の誉め言葉」「犬になりたい」などと絶叫し、他の客の失笑をかっていたのである。プライドもないらしい。

高井議員は、7日に東京都などに緊急事態宣言が出されたあとの9日、歌舞伎町のセクシーキャバクラに行っていた。

立憲民主党の福山幹事長は15日午前、高井議員が「国民に自粛をお願いしている時に軽率な行動をとったことに心からおわびする」として、離党届を提出したことを明らかにした。

立憲民主党 福山幹事長「言語道断ですし、本当に国民に申し訳なく思いますし、けしからん行為だと思います」

そして午後、立憲民主党は、高井議員の離党届を受理せず、除籍処分とすることを決めた

引用元 高井崇志議員 緊急事態宣言後に風俗店 立憲民主が除籍処分

大変ご立派な発言だが、福山幹事長自身も元AV女優のガールズバーに政治資金で通っていたり(参考)、政治資金で高級手ぬぐいを購入したり、英会話レッスンを受けたりしているが(参考)、それも「言語道断ですし、本当に国民に申し訳なく思いますし、けしからん行為だと思います」と突っ込みたくなる。

それはさておき、高井議員が除籍された一方、石川大我議員は何のおとがめなしで調査や聞き取りすらされていない。

石川議員は先月、東京・新宿2丁目の路上で警察官ともめ「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」「名前を言え! 警察手帳を撮らせろ!」「オレは国会議員だぞ!ビビっただろう」などとたんかを切っていた様子が一部週刊誌で報じられた。

にもかかわらず、石川議員に対して枝野代表も福山幹事長もダンマリなのである。

しかも、高井議員への処分は、過去の立憲民主党の重大な問題行為を犯した連中よりも重いものだったのである。

青山議員や書類送検の初鹿議員は放置の過去!飲酒丸山議員には辞職勧告決議!高井議員だけかわいそう!全員粛清しろ!

立憲民主党の不祥事と言えば、枝野代表の親友、青山まさゆき議員の件が有名だ。

2017年10月30日、青山議員の後援会事務所の元女性秘書が「週刊文春」にセクハラを告発したことに関連し、立憲民主党は、青山議員の無期限の党員資格停止処分と会派入りを認めない方針を決めた。

立憲民主党は当初、青山の処分にあたって週刊誌報道のみを根拠とし、正式な調査は行っていなかったが、2018年5月に静岡市議らが元秘書とは別の女性支援者へのセクハラがあったと主張し、党に調査と青山への辞職勧告を求めたため、6月に聞き取り調査を行った。

しかし、それでも青山議員は除名されなかった。誠に立派な対応である。結局、枝野代表の盟友の青山議員は、2018年秋、青山は冤罪を晴らすと主張し、その法的処理に時間がかかるため党に迷惑をかけるとして、離党届を提出し受理された。

また、初鹿議員も、2016年12月、20代の舞台女優をラブホテルに連れ込もうとしたことが週刊新潮に報じられた。その際、週刊新潮の記者の取材に対し「ホテル行こうって、相手もいいって言ったからね」「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」と発言した。しかし、民進党青年局長を辞任だけという軽い処分。

しかも、2017年1月には、初鹿議員がタクシーの車内で知人女性に強引に猥褻な行為をした疑惑を「週刊文春」が報じた。しかし、報道を受け、立憲民主党は6か月の役職停止処分をしただけ。

2019年12月には、警視庁葛西署は強制わいせつ容疑で初鹿を書類送検したが、これを受けて、初鹿議員は離党届を出したが、そのまま受理している。

しかもお笑いなことに、日本維新の会の丸山穂高議員が飲酒で暴れた際には、議員辞職勧告決議まで、立憲民主党は、党を上げてやらかしていたのである。

いったいなぜ、高井議員だけが離党も許さず除名処分&丸山議員は辞職勧告決議で、初鹿&青山議員は書類送検や地元市議からの告発まで受けているのに離党が許され、石川議員は野放しなのか。

性獣たちを野放しにするのが、立憲民主党ですか?これがまっとうな政治なのですか?

立憲民主党の本来の姿は「立憲変態党」であることが、皆さんお分かりになりましたか?

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧